« 日光湯元温泉・日帰り入浴の旅1 | トップページ | 行列のできるパン工房 »

2009年3月31日 (火)

日光湯元温泉・日帰り入浴の旅 2

さて、「日帰り入浴なのに続くのかよっ!」と言う鋭い突っ込みには耳を貸さずに第2弾。

湯元到着後、まずはお決まりの「ビジターセンター」へ。

Dscf0466_2 どうやら、「スノーシュー」は3月初旬で終了らしい。途中、休憩で立ち寄った「三本松茶屋」さんでも終了でした。12月20日頃から可能と伺い、お楽しみは来年に持ち越しとします。

で、ビジターセンターで、重さ1kgのヘルメットを被って、「シカの気持ち」を体験? 角がこんなに重いとは!頭がクラクラしました。

一通り見学し、温泉街へ向かうことに。


旅行案内の方が「ここは、温泉が御馳走ですから」と仰ったとおり、入浴するたび感激する温泉で、私の中のベストスリーに入る場所ですnote(東日本限定では有りますがcoldsweats01

今日のお風呂は、Dscf0501_2 国民休暇村で。
Dscf0470_3

(クリックすると大きくなります)

こんなキャンペーンも行われている模様です。
お食事は日光らしく「湯葉御膳」1600円。湯葉尽くしです。
レストランのオーダーストップが13時。ぎりぎりセーフでした。
温泉は15時まで。790円。(タオルは別料金)
スッベスベでホッカホカになる本当に良い温泉です。
オット曰く「これでビールが飲めたら最高だ、やっぱり泊まりじゃなきゃ駄目だな」って。
確かに、仰る通りでございました。

大満足した後は、のんびり下山です。
ゆっくり走ると、素通りしていた場所が目に留ります。

        「二荒山神社・中宮詞」    
Dscf0484
  凍っています。        「男体山」 登山道口
山開き前なので、登山道口は閉められていましたが、中を伺うと、急な階段がどこまでも続いているように見えます。絶対無理!と諦めた瞬間でした。毎年山開きを行う宮司さんは大変です。願い事(特に「勝運」)を済ませ、中禅寺駅前に在る「みやま堂」の出来立てお饅頭を頬張りながら、いろは坂を下ったのでした。

帰宅してからも、ずぅっと体中から硫黄の匂いが続いていました。heart04

« 日光湯元温泉・日帰り入浴の旅1 | トップページ | 行列のできるパン工房 »

旅行・地域」カテゴリの記事

温泉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222066/44524000

この記事へのトラックバック一覧です: 日光湯元温泉・日帰り入浴の旅 2:

« 日光湯元温泉・日帰り入浴の旅1 | トップページ | 行列のできるパン工房 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ