« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月

2009年4月29日 (水)

太平記の里・太田漫遊記 その2

太田の花の名所。

Img_0130428 新田義重の娘・妙満尼が創建した寺院「大慶寺」
庭には約150種・3500株の牡丹が咲き誇っていました。が、中には入らず、外から眺めるだけに coldsweats01



次の、「おおた芝桜まつり」へ向かいました。
本州最大級の100万本の芝桜だそうです。
Img_0158428
Img_0162428
4月30日までとのことで、既にほとんどが咲き終わりでした。見ごろの時期はさぞかし圧巻だったろうと想像できます。綺麗に整備された公園(北部運動公園)で気持ち良く散策できました。

日も暮れはじめた頃、最終見学地「大光院」へ。
「史跡金山城跡」を飛ばしてしまったのは残念でしたが、徳川家康が建立したお寺は素晴らしい物でした。
Img_0181428_2
Img_0196428_3 Img_0192428_2




呑龍上人お手植えの「臥龍松」今にも空に飛び出しそう。
200904281647001


本当の目的はこちらでしたのに、
Img_0103428
思いもよらず、太平記の里に触れる旅ができ、大満足でした。
また機会が有ったら、訪ねてみたいと思いました。








2009年4月28日 (火)

太平記の里・太田漫遊記 その1

縁あって、群馬県の太田市を訪ねるとこに。

Img_0156428_2 今までは、スキーの行き帰りなどで通過していただけでしたので詳しいことは何も知りませんでした。駅で観光パンフレットをもらってみますと、「新田義貞」に関する史跡が沢山有ると知りました。「新田荘遺跡」は国指定遺跡(荘園遺跡)として大阪、泉佐野市の日根荘遺跡に次いで2列目だそうです。ならば、廻らねば!!

まずは「円福寺」へ。
Img_0106428_2新田氏4代政義が鎌倉時代に開いたと言われる寺。新田氏累代の墓が有ると書かれていましたが、残念ながら見つけることはできませんでした。


Img_0110428 

次に向かったのは、新田義貞が居住した「反町館跡」
桜や藤(少し咲いていました)の名所として有名とのこと。
Img_0113428
Img_0124428

次は、義貞が鎌倉幕府倒幕の為挙兵した地「生品神社」
Img_0150428
Img_0133428 
境内には軍旗を挙げたとされる椚のご神木も。
毎年「5月8日」には「鏑矢祭」が行われます。

まだまだ沢山の史跡が有ります。ここもあそこも寄ってみたい所ばかりですが、時間を見ながら次を目指します。

つづく。。。coldsweats01

2009年4月26日 (日)

見事でしょう?

朝、寝ぼけ眼で挨拶する私に
「ちょっと見てごらんなさい」と義母。
目に飛び込んできたのは、ずらっと並んだ君子蘭。
Img_0087_4 

毎年少しづつ株分けをして増やし続けたものが、数鉢を残し開花。昨年は体調を崩し、手入れも出来ずに諦めていたのに、こんなに見事に!眠気も吹き飛びました。

Img_0079

帰りがけ、一番綺麗に咲いている鉢を一鉢拝借し、今日から我が家の玄関を華やかに飾ってくれています。

2009年4月23日 (木)

もらっとこ

「食べるぅ?」
「うんうん、食べる食べるlovely
と、遠慮なく頂いたものは、
アイさんのご実家作「山椒の佃煮」

Img_0066_2

蓋を開けた瞬間に広がる香りと、
独特の味わいが口の中いっぱいに広がり、
この時期の、贅沢なお楽しみ。


「そんなのいいから、介護とか教育とかに使ってよangry
と言っていた(ワタシが)給付金。
いざ、申請書が来てみれば、
「要りません」とも「寄付します」とも言えないダメダメ振り。
ま、この際もらっときましょ。

Img_0068_2

消費拡大に励みますから!!

2009年4月22日 (水)

ちっちゃい幸せ

今年こそ!upから、今年も?downに変わってはや幾年。

もしかして??
ひょっとして??
と、ワクワクと待った甲斐が有りました。
やぁ~~~~っと咲いてくれた、里子の「エビネ」bud

Img_0056

一本きりだから、大事に大事に眺めています。








2009年4月21日 (火)

元気が出るランチ

年明けから事故にあい、完治したと思ったら今度はテニスで肉離れcryingと、アクシデント続きのようこさん。
片や、おぼっちゃまくんの受験合格、ご主人の駅長昇進、ご本人のくじ引きによる役員選出(これはめでたいか?)と幸運続きのしゅわっち。
そして、相も変わらず提供するネタもない平凡なワタクシの3人組で楽しいランチ。

「11時30分集合」のその場所は、一度テレビでも紹介された和食?定食?屋さん。
開店時にはすでに満席。
沢山有るメニューから選んだものは、
Img_0044421
   トマトと魚介類のクリームチーズ

Img_0048421_4 牡蠣・蟹・ホタテがぎっしり。
アッツアツのとろっとろ。
これだけでもボリューム満点なのに、なんと!「カニクリームコロッケ」まで。お味噌汁は、私の大好きな「キノコ汁」堪りません。さすがに、ご飯は残してしまいました。。。ごめんなさいです。


お店の方のお話によると、新メニューの上に、いつもあるとは限らない一品とのこと。選んだ私は大正解!!お~っほっほっほ。

「もう夕飯は要らないわ」とお腹をさすりながら、
「じゃ、場所を変えてデザートね」と、次に向かったのはいつものこと。
おしゃべりして、笑えば、カロリーも消費。のはず。。

今回も、二人から「元気の源」頂きました。


さてさてようこどの。
このブログを発見できたかな?




2009年4月19日 (日)

公園散歩

すっかり木々も緑に染まって清々しい空気の中、
早速、カメラ片手に公園をぶーらぶら。

Img_0013_2Img_0021

Img_0031

   風に泳ぐ鯉のぼり。    餌に群がる鯉達。
Img_0009_4Img_0025_2


スナック菓子を食べさせられ続ける鯉達。
君たちの体が心配だよ。。。




   

2009年4月18日 (土)

お役御免

使いに使って10数年。
何度も落とし、何度もピンチに。
何とか乗り切ってきましたが、
ついに、ダウンと相成りました。

       200904182127000

あちこち隙間だらけです。
レンズ部分もグラグラしてます。
今まで何とか頑張ってきましたが、もう限界です。
ウンともスンとも言わなくなりました。

ゴールデンウィークも迫っています。
となると、やはりカメラは必需品。
一番欲しいものは一眼ですが、
とりあえず、オット仕様と言うことで選んだものは、

 200904182126000_3

 「Canon IXY DIGITAL 920 IS」
     
オット仕様ではありますが、
当分は、ワタクシが使い込みたいと思います。


スマートメディアも販売されていない今、買い換え時期はとうに過ぎていましたが、特に不満もなかったので使い続けてきた「FinePix 4700Z」
カメラも私達も、よくぞ頑張りました。えらいっ!! 




2009年4月17日 (金)

天地人の旅・直江津編 その3

2日目の観光は、二か所。
「日本三大夜桜公園・高田城百万人観桜会」と「鮫ヶ尾城」
赤倉温泉から夜桜へ行くバスも出ていましたが、出発が6時20分と聞いては、とても参加できません。なにせ、入ったり、入ったり、入ったり、食べたり、飲んだり、で手一杯ですから。

昼間訪れて、さぞかし夜桜は見応えあったろうなと思われる「高田城」公園でした。
Dscf0080413
Dscf0087413Dscf1282413
Dscf1270413_2 Dscf0083413
平日にも拘らず、大勢の人で大層賑わっていました。
まさしく「百万人・観桜会」です。

Dscf1291413 最後の観光場所は、「鮫ヶ尾城址」
景虎が自害した悲劇の城。
炭化したおにぎりなどが展示されていました。

案内所の方のお話では、
「20分で行けますよ」とのことでしたが、本当??
筋肉痛だし、時間も無い。
と言うことで、
見上げて写真だけパチリ。






Dscf1285413

こうして、新潟上越・妙高の旅は終了しました。

頂いた地図の依ると、この地にはまだまだ沢山の山城跡があります。ハイキングがてらに訪れるのもまた、楽しいかもしれません。

今回宿泊したお宿は、妙高山の麓・赤倉温泉「赤倉ホテル」
リーズナブルで、温泉良し!料理良し!でありました。
Dscf0077413_2

Dscf1232413

2009年4月16日 (木)

天地人の旅・直江津編 その2

今回は登る!
なんたって、「春日山」ですから。
広くはに駐車場は既に満杯。続く道も上下線ともに路肩駐車でぎっしり。下って下って駐車したら、老若男女、春日山神社目指してひたすら登り、息が上がったころ、凛々しい謙信公のお出迎え。
Dscf0022412_9Dscf0026412_13

頂上を見上げ、溜息一つ吐いたところで、まずは神社から。



Dscf1162412_5Dscf0030412_5

で、本丸まで登る登る。ゼィゼィハァハァ・・・
千貫門~空掘~三の丸~二の丸~そして本丸。
Dscf1169_5Dscf1207_3

天守閣からの眺め良し。
Dscf1191412_2Dscf0042412_2

本丸より少し下ったところに在るのが「毘沙門堂」
Dscf0054412_2Dscf0055412_2

謙信公は、ここに籠って必勝祈願をなさいました。
ここを下ると、直江兼続屋敷跡。
はぁ、これが山城なのですねぇ。。。
久々に、山歩きをした思いです。
翌日、オットはふくらはぎ付近が、
ワタシは股関節付近が筋肉痛となりました。

Dscf1212_3 お侍には向かないと悟った二人は、
天地人博が行われていた場所で、
「殿」と『姫』に変身しご満悦なのでありました。




Dscf1221412三郎景虎が立て篭もった「御館跡」は、公園になっていました。自害をした「鮫ヶ尾城址」へは、翌日訪ねる予定です。 
 

2009年4月14日 (火)

天地人の旅・直江津編 その1

ドラマの進行に併せて旅をする予定(は、未定)で、
まずは、現在進行形の新潟・直江津の旅。

初日の見所は二つ。
まず最初に向かったところは、
上杉謙信公菩提所「越後 春日山林泉寺」
Dscf0021412_2 

謙信公によって春日山城から移築された「惣門」
Dscf0019412_2 
志納料 500円。江戸末地震によって焼失。大正時代に再建された山門。
Dscf0001412
Dscf1140412_2
山門には謙信公直筆の額「春日山」と「第一義」が掲げられています。発見して得意げな二人です。 次に、平成9年、開創500年を記念して建立された本堂で手を併せ、
Dscf1141412
謙信公のお墓へ。
Dscf1145412_2 Dscf1148412 
息を切らして登った先に、
ひっそりと。



宝物館で、生前中に描かれたものとして唯一現存する謙信公の肖像画や、上杉軍の軍旗一式、仏像、甲冑、馬具などを見学。「毘」と刻まれた勝守りを購入し、車で5分と掛からない「春日山城」へと向かいましたが、

林泉寺とは違い、多くの観光客で大変なことになっていました。

明日に続く。。。

2009年4月13日 (月)

無事帰宅

登った。

観た。

食べた。

入った。

そして、

走った旅から、無事戻りました。

Dscf1298_2

Dscf1128_4 

今回、ETC割引の特典は日曜日だけの片道利用でしたが、それでもお得感は充分で、また、どこかへ行こうかな?と言う気になりました。

あ、今度は、
Dscf1299
こんな旅がいいかなぁ。。

2009年4月12日 (日)

まったりしてます

まったりしてます
本日は、
ETC割引を利用して、
新潟県の直江津まで。
お泊りは、赤倉温泉〓
まったりでございます。

2009年4月 9日 (木)

サクラ吹雪の中で

父の命日より一日遅れのお墓参り。
今年は、桜吹雪の中で。
Dscf0535_2
静かにお参りを済ませ、
賑やかなことが好きだった父のことを想い、
そうだ、お花見のはしごをしようと決めた。

地元では、しだれ桜で有名な地蔵堂。
Dscf0557

Dscf0543
思っていた以上に由緒ある地蔵堂のようです。
樹齢800年の大イチョウと1100年の大杉。
Dscf0539_2 

母が元気だった頃、友人たちと訪れていた場所。
桜を楽しんでいるご婦人たちを見かけて、
一緒に来たかったなぁと、、ちょっぴり切なくなりました。


 

2009年4月 8日 (水)

バブリーでビビりーだった一週間

「おかしな人だね」と笑われようが、
ワタシは、予期せぬバブリーな出来事に、
一週間ビビっておりました。

嬉しくも有り、悲しくも有り。。。



なにはともあれ、
「まだまだっ!!」にスポットライトを当てていただき、
結果、
多くの方が訪れて下さったこと、感謝いたします。



今日の夕刻、
東の空では雷鳴が、西の空では夕日が。

Dscf0532_2

なんだか、ワタシみたいだわぁ。。





2009年4月 7日 (火)

ムスカリ

つい最近まで知りませんでした。
甘酸っぱぁい匂いがすることを。
しかも、顔を近づけて始めて感じる香り。

ぶどうの房のように咲くので、別名「ブドウヒヤシンス」

  Dscf0530_3
本当は、ちゃんと植え替えした方がいいらしいけど、ずぼらな私はほったらかし。それでも、毎年咲いてくれるムスカリ。あなたは偉い!!

  

2009年4月 6日 (月)

トレチャコフ美術館展

4月4日から6月7日まで、
渋谷の「Bunkamuraザ・ミュージアム」に於いて、
ロシアの「トレチャコフ美術館展」が開かれています。

2007年、ロシアに旅した際、
きらびやかな世界(エルミタージュ美術館・エカテリーナ宮殿・クレムリン等々)に目を奪われたのは言うまでも有りませんが、心に残ったのはどこか?と考えると、
「トレチャコフ美術館」が一番だったかもしれません。ロシアを少しだけ知ることができたように感じました。

代表的な絵の一つが、「クラムスコイ」の「見知らぬ女」ではないでしょうか。
私達が訪ねた数日前に、海外から戻ったと言うことで、実際に観ることができたのは、とても幸運なことでした。再び、Bunkamuraで会うことができると思うとちょっとワクワクします。

04

是非、この瞳に見つめられてください。




2009年4月 5日 (日)

小山評定

大河ドラマ「天地人」。

それにちなんで、今回は栃木県の小山市まで。
Dscf0513_2
興味が有ったのは、ここ、「小山評定跡」
Dscf0507
「会津征伐」に向かった家康が、三成謀反の報を聞き、評定を開いた場所が小山市役所内に在ると聞き、ぜひ一度訪ねてみたいと思っていました。案内板などは見当たらず、あっちへウロウロこっちへウロウロ。ナント市役所前の駐車場横にポツンとありました。これだけ??これだけかぁdown「力入ってないわねぇ」と思ったら、市役所内のショーケース?にはこんなものが並んでいました。
Dscf0512_2 
帰途、酒蔵「若盛」で、甘酒と純米酒ケーキを。
Dscf0527_3

今日もまた、「車じゃなかったら試飲出来たのに」とはオットの弁。一応、私も運転できるんですけどね coldsweats01

今度は、久し振りに新潟まで遠征しようか?
温泉と、美味しいものをを求めて。
ではなく、史跡巡りが一番の目的で。


2009年4月 4日 (土)

顔が命

いえ、お雛様の話ではありません。(顔が命のよ●●く~♪)

新聞のコラム「もっと本を!!再読ガイド」(タイトルで決めつけないで)を読んで。

記事の内容は、タイトルで損をしている本が紹介されているのですが、確かに、特に読みたい本が有る訳ではない時、作家名、そしてタイトルで選んでいるなと思い当たります。だから(か?)しばしば、同じ本を何度も手にしてしまうことも。(って、読んだ本くらい覚えておけ!!と言う話ですよねcoldsweats01
紹介されていた本は、内容を知って読みたくなりました。

何でも、見た目9割!だそうです。

本に限らず、映画だって、音楽だって、ブログだって、顔が命!!

勿論、ワタシだって。。。

毎朝、鏡に向かい、頑張るのですっ!!

Dscf0518_2   
成人の記念樹・椿も愛らしく。








2009年4月 3日 (金)

プロ野球開幕

WBCの熱気も冷めやらぬうちに、セ・パ同時開幕。

横浜は、男・村田選手の負傷のなか、今年こそは、是非共、投手陣に踏ん張っていただきたいと願うばかりです。
本日は、残念ながら4対1で負けてしまいましたが、ま、明日だって明後日だって有るさweep
先は長いぞ、頑張ろうup

開幕ともなれば、ついつい買ってしまうのがこれ。
Dscf0520

カードが欲しいのか?ポテチが欲しいのか?
どっちにしても、恥ずかしながら、
「お子ちゃまねぇ~~」なのであります。



2009年4月 2日 (木)

行列のできるパン工房

「ものすごく美味しいのよ」
と大人気なのは、市内の知的障害者施設の工房で製造されるパン。
市内の公共施設や病院の売店などで販売されているとのこと。

有る病院の売店での出店日に運良く遭遇。知人が購入したパンを見て、すぐさま買いに走ったのは言うまでも有りません。

駆けつけると、売店の前には人だかりが!!
既に、大方のものは売り切れ状態でした。
美味しそうな「ぶどうパン」を手にした方がいらっしゃったので、思わず「うわぁ、美味しそう」と言うと、「最後の一つだけど、お譲りしますよ」と嬉しいお言葉crying
素直な私は、「良いんですかぁ??ありがとうございますぅ」と、もちろん遠慮などせずに頂きました。

ぶどうパン、お芋のパン、メープルシロップパン。
Dscf0509

翌日には硬くなってしまうらしいパン達は、
「ものすごく美味しい」かどうかは、意見が分かれるところですが、モッチモチでしっかり身が詰まり、食べ応え十分でした。

評判が評判を呼んで、あちらでもこちらでも大人気だそうです。

今度はどこの販売所で出会えるのか、楽しみです。


 

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ