« 誘惑の甘いブラウニー | トップページ | ココ・アヴァン・シャネル »

2009年9月19日 (土)

トーク炸裂ランチ

食べることが大好きなふっさーから、「行ってみて」と勧められてから、ようやく3度目の電話で予約が取れた、人気の和食のお店へ、マダムTと行って参りました。

倉庫を改造して作られた店内は、外観からは想像できないほどに、すっきりと清潔感にあふれていました。女性に好評な理由もうなずけます。接客もとても感じが良く、料理にも期待が膨らみます。暖簾で仕切られた所に通され、他の方のお話が気にならなず、ゆっくりお食事ができたことも幸いでした。(何しろ、ほぼ100%女性客ですから、、えぇ、自分たちはさておきますけど)
Img_1209_2
ランチメニューは、
限定の「歳時ランチ」と「懐石コース」のみ。
初めてのお店だったので、とりあえず「歳時ランチ」を。
9月9日が「重陽の節句」別名「菊の節句」と言うことで、
先付けの「食用菊のお浸し」で始まる三段重のお弁当でした。
Img_1214
小ぶりのお重に、上品に盛られて如何にも美味しそうです。
が、実は、少し後悔しました。
「絶対、足りない、、懐石コースにするべきだったかも」と。
鯛のお刺身、海老の冶部煮、鱧と鱧の子の玉締め、いも豚ロースト等々。美味しく頂きました。心配していた満腹感も十分満たされたうえ、最後の締めは「あんみつ」で大満足でした。日ごろの憂さを忘れるべく、大いに語り、大いに食したのですが、
Img_1223_2
それでも語り足りない私たちは、歩いて数歩のところにあるパティスリーに向かったのでした。別腹で頂いたものは、、、、

つづく、、coldsweats01

« 誘惑の甘いブラウニー | トップページ | ココ・アヴァン・シャネル »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222066/46255806

この記事へのトラックバック一覧です: トーク炸裂ランチ:

« 誘惑の甘いブラウニー | トップページ | ココ・アヴァン・シャネル »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ