« 肥ゆる秋 | トップページ | 一杯のコーヒーほどの »

2009年10月 3日 (土)

十五夜

流れる雲の間から、顔を出したり隠れたり、
Img_1352
一つ俳句でも、、、ひねれない ^_^;


スーパーでは、ススキの穂があっという間になくなり、手に入れることができませんでした。

ススキと言えば、
箱根仙石原のススキも、見ごろを迎えているのでしょうか。

« 肥ゆる秋 | トップページ | 一杯のコーヒーほどの »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

私もススキといえば仙石原の一面のススキ野原を思い出します。
風情があるよね。

肥えてもいい!
私も栗ご飯もナガノパープルも食べたいっhappy01

仙石原、壮観だよねぇ。

栗ごはんもナガノパープルも良いけれど、
そちらも、相当美味しそうな生活してますよねぇ、、
肥すぎに注意ですぞbleah

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222066/46384360

この記事へのトラックバック一覧です: 十五夜:

« 肥ゆる秋 | トップページ | 一杯のコーヒーほどの »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ