« 感動の日光東照宮 その1 | トップページ | 感動の日光東照宮 その3 »

2009年11月23日 (月)

感動の日光東照宮 その2

まず、最初に目にするのは「神厩」(しんきゅう)
猿が馬の健康を守るという信仰に基づいて、8個の神猿信念彫刻が有る、東照宮境内唯一の素木造で、室町時代の武家邸宅の厩舎形式によるものだそうです。
Dsc_0096
誕生から死までの一生が彫刻されていて、中でも有名なのが
「見ざる、言わざる、聞かざる」
Dsc_0097
恋に悩む姿、結婚、出産などが彫刻される中、キャプションによると「人生の崖っぷちにおいても励ましてくれる友がいる」と言うものに、心惹かれたのでした。
Dsc_0098

Dsc_0035 こんな説明を、団体のツアー客や、小学生の団体に紛れ込んで図々しく熱心に話を聞くオットから、これまたちゃっかりしっかりとまた聞きをする妻なのでした。なんちゅう夫婦じゃpunch

いよいよ次は陽明門へ。
またまた続く。。coldsweats01

« 感動の日光東照宮 その1 | トップページ | 感動の日光東照宮 その3 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222066/46842698

この記事へのトラックバック一覧です: 感動の日光東照宮 その2:

« 感動の日光東照宮 その1 | トップページ | 感動の日光東照宮 その3 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト
無料ブログはココログ