« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月

2010年8月30日 (月)

りおってぃさまより

オットの誕生日。
りおってぃがケーキを抱えてやってきました。
嬉しいねぇ。。。

Birthday

2010年8月27日 (金)

ど根性朝顔

5輪も咲いていました。大輪だ。

Dsc_14441

2010年8月25日 (水)

剪定ですっきりさっぱり。

春、
班内の庭木消毒の際、我が方の無理な条件提示にも拘らず、快く引き受けて下さったO庭園さん。その上、若社長がハンサムな好青年だったことも重なり?、狭い我が家の庭木も選定していただくことにしました。
この時期だと、年内は一度で済むからと言うアドヴァイス通りに、猛暑の中、本日剪定していただきました。

縦横無尽に広がった枝を落とし、おまけにサボり放題で草ボウボウだった雑草まで引いて下さり、何ともすっきりさっぱり。葉っぱを避けながら通っていた場所も、こんなに広かったのか!と思うほど風通しが良くなりましたcoldsweats01
Img_0120
そして、今年もまた除草剤に負けない「ど根性朝顔」が。
強いねぇ。。。

玄関脇に、こぼれ種からあれよあれよという間に一メートルほどに成長した木が有りました。聞けば、「カクレミノですね、大きくなりますよ」とか。
シャラの木の真横でしたの、どちらを残すか迷いましたが、切っていただきましたweep
201008190950000

あまり花が付かないシャラの木は、今後の課題とします。

そうそう、
剪定中に、「ギャッ」と聞こえてきたのは、もしかして、、、、
何が有ったのか?何が居たのか?
怖くて聞けませんでした。
もう、考えない事にします、、外に出られなくなるから。。

2010年8月21日 (土)

うなぎおいし。。

8月20日。
父の誕生日。
昭和の終わりとともに、お釈迦様の日に亡くなりましたが、
あれからもう22年も経ったなんて信じられません。

姉とワタシが食いしん坊なのは父譲りで、
気取った講釈などなくても、食べる姿で、それがどんなに美味しい物なのかを想像させてくれる人でした。
入院中の食事でさえ、
「本当に美味しそうに食べるから、見ていて気持ちが良いわぁ」とヨソ様から差し入れが届いたり、自らも料理をし、子供たちを楽しませてもくれました。
父の思い出は、「食」にあり。
これもその一つ、「うなぎ」です。
Img_00231
父が亡くなった後、母の大好物となりました。
これだけは苦手なワタシも、いつかは頂けるようになるのでしょうか。


2010年8月19日 (木)

家系でガッツり

ラーメン大好き、特に「横浜らーめん・家系」好きオット。

「お昼はラーメン」と決まれば、助手席のワタシのお仕事開始。
小さな目をめいっぱい広げ、広がった鼻を更に広げてピクピク。
そして、如何にも美味しそうなお店を探しだす。

ハイ見つけました。

券売機には
「普通」「中盛り」「大盛り」のラーメンと、数々のトッピングボタンが。
余計なものは置いていないらしい。
様子が判らないので、一番人気の「きゃべちゃ」を選んでみた。
お店の方に券を渡し、麺の太さや油の量などの好みを細かく注文。
オットは、なにやら細かく注文していたが、ワタシは良く判らないので「普通で」

ハイ来ました。
2010080712040001
キャベツたっぷりの豚骨ラーメン。
「きゃべちゃ」とはキャベツとチャーシューの事らしい。
ゴマ油の香りが良い感じ。。
一口スープを頂いてから、たっぷりお酢を掛けました。
ニンニクもたっぷり入れたら、特有の臭みも気にならなくなりました。
ワタシには少しきつ過ぎたかな。。

オットのトッピングは「ネギ」
2010080712030002_2
暑い日に、たっぷり汗を流しながら、スープを一滴も残さずに完食したオット。
美味しかったって?
でしょ、ワタシの鼻利くよねぇ。。

2010年8月18日 (水)

ふしぎなえ

みつからないcrying
大好きだから、大事にしていたのに、、
大汗かいて、あちこちひっくり返したけれど見つからない。
「安野光雅さん」の「ふしぎなえ」

こんなに必死で探すのは、
我が町に来た「トリックアート展」で、散々楽しんだあと最後に見た一枚の絵が「ふしぎなえ」を思い出させたから。
Nec_0080_2
Nec_0081_3

もう一度、「空想工房」を読み直しながら、のんびり気長に探すとしますか。

あ~、それにしても、どこに仕舞い込んだのだろう、、、




2010年8月16日 (月)

日産ギャラリー

酷い暑さです。
昨日訪れた館林は、38.2度を記録したとか。
道路からの熱気で日傘や帽子などはなんの役にも立たないこんな日は、こんな所で涼むのも一つの手です。

Img_3093
コーヒーなどを飲みながら、座り心地の良い椅子でマッタリ。
思わず、居眠りしてしまいそうです。
Img_3094



2010年8月15日 (日)

ぶんぶく茶釜の町で

水そばか、鮎か、
悩みに悩んで、今回は「うどん」に決定!
決まれば早い。
群馬の舘林まで、渋滞覚悟で行って参りました。

舘林と言えば、
「ぶんぶく茶釜の茂林寺」が有名で、マンホールにもタヌキが。
0072
舘林駅前の「花山うどん」さんのお勧めの「釜玉うどん」だって、
Img_0068
ちゃんと狸です。ポスターがつぼにハマりましたhappy01
しこしことした食感が我が家好みで、2度目の再訪です。
本日も、美味しく頂きました。

で、折角なので「城址巡り」をすることに。
ナビを頼りに車を走らせていると、路地裏の小さなお店の前に長蛇の列が。家に帰り調べてみると、「やぎや」さんと言う有名なかき氷屋さんだったようです。舘林が、市役所前に書かれたように「日本一暑い街」とは知りませんでしたが、確かに蒸し暑く、かき氷が欲しくなりましたが、あまりの行列だったので、「野澤屋」さんと言う氷屋さんで頂くことにしました。
モチロン「宇治金時」(500円)です、大人ですから、、
1
ひぇ~、ふっわふわでクリーミー。始めて味わう食感です。
蒸し暑さの中歩いたり、冷えた車に乗ったりと、少しおなかの調子を悪くしていたので(それでも食べる)一つを二人で頂きましたが、こんなに優しいかき氷なら、一つ丸ごと食べられたかもしれません。。。
あまりの美味しさに「ご馳走様、美味しかったわ」と帰ろうとするワタシは「あの、、お会計がまだ、、」と遠慮気味に言われたうっかり者です、あはははhappy02

今日もまた、美味しくて楽しい一日でした。


2010年8月14日 (土)

この猛暑を乗り切り頑張ってくれている舅姑のお陰で、離れて暮らす私たちが呑気に暮らせるのだと思うと、元気でいてくれるのは、本当に有難いことだなと感じます。本来ならば、自慢の腕をふるい慰労したい所ですが、「気分転換にもなるし」と言いつつ外にと連れ出した不出来な嫁です。一番ワタシが喜んでいると言われても反論はできません。

「だったら和食が良いわ」と言う義母の玲子さんのリクエストにより、迷ったらホテル!が鉄則の我が家が向かった所は、インターコンチネンタルにある「なだ万横浜店」。
それぞれがお腹と相談して注文する中、ワタシは、
なだ万180周年記念特別コース「松茸・湯葉コース」を。
なにやら美味しそうな響きじゃございませんか。しかもお得です。
先付けに続き、吸い物には松茸の土瓶蒸し。うふぉふぉふぉ。
Img_0036
予約を入れていなかったので窓側の席は確保できませんでしたが、大きな窓から見えるマリンタワー、氷川丸などの夜景を楽しみながら、お造り、煮物(茄子饅頭・汲み湯葉餡かけ)主菜は2品からチョイス(松茸と白身魚のみぞれ鍋)と続き、
Img_0053
釜炊きの松茸ごはん、デザートで締め。
「お寿司を2~3貫頂いたら充分よ」と言っていた玲子さんも、ワインを楽しみつつ「お寿司コース」をほぼ完食。義父ともに堪能してくれたようで、無理に連れだした甲斐がありました。ワタシのコースを観た玲子さん。「それくらいの量だったら私も大丈夫そうね」とは、何とも頼もしいお言葉coldsweats01

はい、了解なり。次回は涼しくなったらね。


2010年8月 9日 (月)

くらしっくランチ

「暑気払いしませんか?」との誘いに乗って下さった友人と、
蔵を改造した素敵なお店で、お箸で頂くくらしっくランチ。

おおよその見当をつけて行ったものの、探し当てるまでに何人もの方に尋ねながらやっとたどり着いた時は、予約時間の少し前でした。早めに出て良かった。。

物静かな雰囲気の若いシェフが作るのは、地元の無農薬有機野菜を中心にしたお料理だそうです。
食欲はあるけれど、夏バテで元気がなくなっている友人とワタシは、アミューズと食前ドリンクが付き、デザートが少し豪華になると言う「プレミアム オーガニック膳」で元気回復を狙うことに。
100%キウイフレッシュジュースとグレープフルーツジュースで乾杯wine
アミューズは「サラダ」と「自家製豆腐」
このお豆腐は、まるでクリームチーズのようで絶品です。
次々に運ばれる小さな器に彩りよく盛られたお料理を、目で楽しみ舌で楽しみ、お喋りで楽しみ。あっという間に2時間が経過。すっかり元気になったのは言うまでも有りません。
Img_3240
メインは魚か肉を選べるので、ワタシが「イシモチ」を、友人が「秋田の鶏肉」を選んで一口づつお味見。
Img_3230
と言うか、メインはシャキシャキの有機野菜です。
最後のデザートと、あわあわのクリームで2度楽しめるコーヒーで締めて終了。
Img_3242

狙い通り元気回復いたしました。
また、少しの間頑張れそうです。


2010年8月 8日 (日)

夏野菜 そうめん瓜編

頂いたそうめん瓜(金糸瓜)は、不思議な野菜です。

3~4センチの輪切りにして、茹でること7~8分。
水の中で洗うと、あら不思議。
そうめんのようにほぐれてきます。
食感は大根のようでシャキシャキ、無味無臭で癖が有りません。
「酢の物」で頂くのが一番のお勧めとか。

Img_0035

ポイントは、すりおろしたたっぷりのごまを混ぜること。

冷やすとさらに美味しさアップ。
暑い日に、さっぱりと美味しくいただけます。

ご馳走様でした。

2010年8月 5日 (木)

夏野菜 ゴーヤ編

またまた頂きました。
「ゴーヤ」と「そうめん瓜」(金糸瓜)です。
Img_3220
日よけ代わりにしているのか、ゴーヤを栽培している方が多く、この時期次々に頂きます。
白ゴーヤは初めてですが、普通のゴーヤよりも柔らかく苦味も少ない様が気がしました。
本日は、塩でもんでからさっと湯掻いて、ツナを加えてサラダに。仕上げに、桃ラーを加えたら出来上がり。美味しさ倍増です。

先日、エクササイズの先生が、
「ゴーヤなどの苦い食べ物をどんどん食べてください、心臓を守ってくれますよ」と教えてくださいました。調べてみると、血を綺麗にして血圧を安定させたり、血糖値の降下、コレステロールの低下、糖尿病予防などなど体に嬉しい事がいっぱい。
しかも、豊富なビタミンCで、美白、シミ、皺の予防、そしてダイエット。と、ワタシに嬉しい事だらけ。先日の「お試しか」で紹介されていたゴーヤフライ、ゴーヤスープも美味しそうだったしなぁ。どんどん頂きますよぉ。

2010年8月 4日 (水)

ANAクラウンプラザホテル

今回の宿泊地は、かっこいいトラムの走る清潔な印象の町「富山」
ホテルは、富山城址公園、富山国際会議場の前に立地する「ANAクラウンプラザホテル富山」。お手頃価格ツアーなので、眺めの良い部屋などは望みません、、寝るだけと割り切ります。
Img_3157
食事は、ホテル内のレストラン「雲海」にて懐石料理。
こちらも期待をしてはいけません、、お手頃価格ツアーですから。
しかし、折角なので、お店の方お勧めの富山名物3点(白海老、烏賊、ホタルイカ)盛りを注文しました。白い海老と黒い烏賊がとっても美味、日本酒もさぞかし美味しかったことでしょう。
Img_3166
お手頃価格ツアー(しつこい)だけど、期待できそう、、、
はい、斜め後ろから漂ってきた、何かを焼く良い香りに気付かぬふりをすれば、京野菜、鱧の天ぷら、アナゴのゼリー寄せ等々、充分美味しく頂きました。量的に少し物足りなかったオットは、シラスご飯を2膳頂いて満足した模様です。
Img_3180

この日以来、毎日「シラスご飯」を食べ続けています。
唯一、真似をして作れるものだから。(料理とは言わないか)

ついでに、ホテル前のコンビニで買った
「白エビのポテトチップス」と「ラーメン・ブラック」の感想は後日。

って、どこまで引っ張るつもりなのだ、、ワタシ。

2010年8月 2日 (月)

立山黒部アルペンルート 4

最後の観光地である「黒部ダム」へ。
大観峰から支柱が一本もないロープウェイに乗り黒部平へ。
次の「全線地下を走る日本で唯一のケーブルカー」に乗り継ぐまでの短い時間、ワタシは素晴らしい景色を眺め、オットは蕎麦を頬張る。そのオットから「ビックリするくらい旨いから食べてみて」と携帯に電話が。なるほど、冷たく冷やされた腰の強い蕎麦は、正に私たちの好みにドンピシャの食感。室堂では、限定の水出しコーヒーは飲めなかったけれど、このお蕎麦を頂けて満足でした。
黒部平でも名水を飲むことができます。
Dsc_1421

いよいよ「黒部の太陽・黒部ダム」です。
イメージしていたものとは少し違いましたが、毎秒10トン以上の水量を吹き出す観光放水は迫力満点です。ダムの上から眺めると、一瞬でしたが虹が掛かりました。少々疲れ気味の私たちは展望台へは登らず、より間近で見られる新展望台へ下り見学しましたが、下ったら上らなくてはいけないのですよ、、、ヨレヨレです、あははぁ。
そして、最後の名水「黒部の湧水」がレストハウス1階入り口と展望台、地中階段で飲むことができます。これにて旅はほぼ終了です。関電トンネル・トロリーバスに乗るため黒部ダム駅までひと頑張りです。結構歩きます。
Dsc_1443

これにて1泊2日の短くて忙しい旅は終了です。
と思いきや、最後の最後にトラブルに見舞われ、残念ながら、家には帰りつくことができず新宿泊りとなり、2泊3日の旅となってしまいました。これもそれも思い出の一つ、、でしょうか。

2010年8月 1日 (日)

立山黒部アルペンルート 3

まだまだ元気に山歩きを楽しんでいたころ、
雄山に登り、室堂に泊まって星空を眺めたいと思っていました。叶わぬうちに、山から遠ざかる日々となりましたので、今回の室堂散策をとても楽しみにしていました。少し残っている雪の大谷を過ぎると室堂ターミナルに到着です。立山連峰がキレイです。
早々にホテル立山で昼食を済ませ、所要時間約一時間の「ミクリガ池周回コース」へ向います。運が良ければ、雷鳥やオコジョに会えるかもしれません。
その前に、立山玉殿の湧水をペットボトルに汲み喉を潤します。
小さい子でも安全に歩ける遊歩道を、高山植物を眺めたりしながらの散策でしたが、昼食にビールを飲んだオットが少々ダウン気味。と言うことで、リュックとバックとカメラを一手に引き受けたワタシは、頼れる妻です。エッヘン。
気温15度、気持ち良く歩くことができた室堂散策でした。
あ~、やっぱり山に登りたい!

Dsc_1404

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック