« くらしっくランチ | トップページ | ぶんぶく茶釜の町で »

2010年8月14日 (土)

この猛暑を乗り切り頑張ってくれている舅姑のお陰で、離れて暮らす私たちが呑気に暮らせるのだと思うと、元気でいてくれるのは、本当に有難いことだなと感じます。本来ならば、自慢の腕をふるい慰労したい所ですが、「気分転換にもなるし」と言いつつ外にと連れ出した不出来な嫁です。一番ワタシが喜んでいると言われても反論はできません。

「だったら和食が良いわ」と言う義母の玲子さんのリクエストにより、迷ったらホテル!が鉄則の我が家が向かった所は、インターコンチネンタルにある「なだ万横浜店」。
それぞれがお腹と相談して注文する中、ワタシは、
なだ万180周年記念特別コース「松茸・湯葉コース」を。
なにやら美味しそうな響きじゃございませんか。しかもお得です。
先付けに続き、吸い物には松茸の土瓶蒸し。うふぉふぉふぉ。
Img_0036
予約を入れていなかったので窓側の席は確保できませんでしたが、大きな窓から見えるマリンタワー、氷川丸などの夜景を楽しみながら、お造り、煮物(茄子饅頭・汲み湯葉餡かけ)主菜は2品からチョイス(松茸と白身魚のみぞれ鍋)と続き、
Img_0053
釜炊きの松茸ごはん、デザートで締め。
「お寿司を2~3貫頂いたら充分よ」と言っていた玲子さんも、ワインを楽しみつつ「お寿司コース」をほぼ完食。義父ともに堪能してくれたようで、無理に連れだした甲斐がありました。ワタシのコースを観た玲子さん。「それくらいの量だったら私も大丈夫そうね」とは、何とも頼もしいお言葉coldsweats01

はい、了解なり。次回は涼しくなったらね。


« くらしっくランチ | トップページ | ぶんぶく茶釜の町で »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222066/49140841

この記事へのトラックバック一覧です: :

« くらしっくランチ | トップページ | ぶんぶく茶釜の町で »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ