« 真壁のひなまつり 食べ物編 | トップページ | 蝋梅の里 »

2011年2月21日 (月)

真壁のひなまつり 町歩き編

パンフレットによると、
城下町真壁の街並みは、戦国時代末期に形作られ、江戸時代初期に完成したと言われ、現在は104棟の蔵や門などが国の登録文化財となっているそうです。
町中が歴史的建造物で溢れていました。
Dsc_1532
そんな町をぶらぶら歩いていると、立派な門構えの家から琴の音が聞こえてきました。早速お邪魔すると、可愛いお譲ちゃんたちが奏でていました。
Dsc_1544
奥の蔵の中にはお雛様が。
Dsc_15431
各家々の御自慢のお雛様達を沢山見せていただきました。
Dsc_15491
こんな姿も、この街には違和感なく溶け込んでいます。
Dsc_15531
優しいおもてなしの町で、優しい気持ちになれた一日でした。

« 真壁のひなまつり 食べ物編 | トップページ | 蝋梅の里 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222066/50935584

この記事へのトラックバック一覧です: 真壁のひなまつり 町歩き編:

« 真壁のひなまつり 食べ物編 | トップページ | 蝋梅の里 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ