« 北欧の旅・雨のコペンハーゲン | トップページ | 運動負荷検査 »

2011年7月23日 (土)

北欧の旅・船上カメラマン

憧れのシリアラインではなく、
コペンハーゲンからオスロまでは、DFDSシーウェイズの「クラウン オブ スカンジナビア」での船旅となります。事前チェックでは、DFDSにもカジノができたらしいと聞いていたのですが、残念ながら、もう一艘の「パール オブ スカンジナビア」だった模様ですcoldsweats01
駆け足で回ったコペンハーゲンに別れを告げていざ出航ship
Dscf5729
客室は、事前調査通り5階のキャビン、窓側シャワー付き。
Dscf5749
動き出したのに気が付かないほど、静かな出航でした。
私たちの夕食が9時の予約でしたので、船内を散策しようとウロウロしましたが、それほど大きな船ではないので直ぐに飽きてしまいました。
仕方がないので、シャワーを浴びてひと眠りすることに。
ここで、問題発生。
大きな荷物はコンテナに預けなければならず、持ち込みは手荷物のみ。その中に、この時のためにだけ持ってきたドライヤーを入れ忘れました。しかも、気が付いたのはシャンプーの途中と言う、ダメさ加減はいつもの如し。髪を短くしておいて救われました。
で、やっと食事の時間です。名物「スモーガスボード」(バイキング)です。
お楽しみは「ザリガニ」。解禁前でしたが、用意されていました。
Img_1947_2
お味は、、、、
北欧らしく、タラや鮭のメニューが豊富で、とりわけ人気だったのは「海老」だったようです。
ワイワイガヤガヤ、楽しい夕食となりましたが、このレストランは結構揺れます。長居はしたくありません。
救われたのは、部屋では振動があまり感じる事もなく、充分に睡眠をとることができたこと。船酔いの心配も全くありませんでした。翌朝、小雨模様のオスロに到着です。
Img_1972

オスロ市内観光から始まり、フィヨルド観光へと向かいます。

丁度一週間前に訪れた、静かな美しい街で起きてしまった惨劇に、言葉が有りません。
皆さまのご冥福をお祈りいたします。


通りの奥には王宮が見えます。
Img_1978













« 北欧の旅・雨のコペンハーゲン | トップページ | 運動負荷検査 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222066/52288815

この記事へのトラックバック一覧です: 北欧の旅・船上カメラマン:

« 北欧の旅・雨のコペンハーゲン | トップページ | 運動負荷検査 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト
無料ブログはココログ