« ダブルストック | トップページ | 準々決勝 »

2011年9月20日 (火)

北欧の旅・ヘルシンキ編 1

北欧の旅最終地はフィンランドの首都ヘルシンキ。
ムーミンの国、そして映画「かもめ食堂」の国です。
実は、数年前から計画していた北欧の旅の最終地はコペンハーゲンになるはずでした。それが、真逆のコースになってしまったために、予習もままならずでしたが、結果、一番印象に残った街になりました。

まず、最初に向かった所は、「テンペリアウキオ教会」
別名、ロックチャーチと呼ばれているそうです。
案内がなければ見落としてしまいそうな十字架です。
Img_2272

教会と言えば、荘厳で厳粛で威厳に満ちた場所。
信者でもないワタシも、つい敬虔な気持ちにさせられます。
ヘルシンキにも、青空の下堂々とそびえ立つ「ヘルシンキ大聖堂」
Dsc_0230

Dscf6177

北欧最大のロシア正教の教会「ウスペンスキー寺院」など
Dscf6239
壁には見事なテンペラ画が。
Dsc_0265

も見学しましたが、

ここほど心に残った教会はありませんでした。
「テンペリアウキオ教会」
岩の中に一歩足を踏み入れて驚きました。斬新でシンプル。そこは、教会と言うよりもまるでコンサートホール。音響効果が良いので、コンサートも開かれるそうです。
銅線の天井、円形に切り取られた窓、むき出しの岩。
Img_22861_2

椅子に座り、ぼぉっと天井を眺めていると、不思議と心が穏やかな気持ちになりました。これは、足を踏み入れなければわからない感覚かもしれませんねぇ。

と、良い気持ちになった所で次に向かったのは、「シベリウス公園」
Img_2289

Img_2290

Img_2295

作曲家シベリウスを記念して制作されたモニュメントと、何とも不思議な肖像のオブジェ。顔だけではおかしいと、雲が追加されたそうですが、正直、この良さは分かりませんでしたcoldsweats01

宿泊は、ヘルシンキ駅に近く、尚且つカジノにも近いホテル。
北欧の最後の夜。
さてさて、どんな夜になるのでしょうか。




« ダブルストック | トップページ | 準々決勝 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222066/52785825

この記事へのトラックバック一覧です: 北欧の旅・ヘルシンキ編 1:

« ダブルストック | トップページ | 準々決勝 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ