« どんとこい、太陽! | トップページ | 完敗 »

2012年7月25日 (水)

籠一杯の野菜たち

一度は行ってみたかった噂のレストランへ、友人の案内で行ってきました。田園の中にポツンと建ち、目印は錆びた看板だけ。先客の車が駐車していなければ通り過ぎてしまうようなたたずまい。ハーブ香る庭の奥のドアを開け中に入ります。何故か、あまりウェルカムな感じがしません。聞けば、イケメンシェフが一人で切り盛りしてるとか。予約の取りにくい人気店と聞いていただけに、意外な感じがしました。
「店内及び料理の写真撮影は禁止」残念です。
メニュー2種の中から 「夏野菜がたっぷり添えられた豚肉のコンフィ」「かぼちゃのコーンポタージュ」「チーズケーキ」「ルイボスティー」をチョイス。素材が良いのか、ソテーした野菜が甘くて美味しい事!!豚肉もほろほろと柔らかく、美味しい美味しいとキレイに完食し、たっぷり2時間30分。混みあう事もなく、ゆったり過ごすことができました。
ランチと言えば女子!ですが、こちらは平日だと言うのにカップルが多かったのは、隠れ家的な感じの場所だからでしょうか?いや、グルメブログで有名なのだから、そんなこともないわねぇ。。なぜ?
最初の取り澄ました感じは忙しさのためだったのか、帰りには、イケメンシェフがスペシャルな笑顔で送り出してくれました。はじめからそうだったら、もっと良かったのに。
その後、場所を変えて熱い女子過激トーク炸裂。
籠一杯の、いや、溢れるほどの手作り野菜まで頂いた、嬉し楽しの一日となりました。
Img_0295

Img_0296

さて、この野菜たち、どう料理しましょうか?
「胸いっぱいの愛を」を聴きながら、美味しいアイディア考えましょう。
ご馳走様でした。

« どんとこい、太陽! | トップページ | 完敗 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

kiriさんの写真の腕で、ご馳走のアップ、見たかったなあ~ 撮影禁止だったのですね!
 
写真を見ても、食べた気分だけは味わえるのにね。(貧)

お野菜は鮮度バッチリ。アングルも良いんだね。
勉強になります。

以前にも感心したことですが
kiriさんはあいかわらず
おいしいレストランや食堂を
みつける超能力をもっておられる
読んでると食べたくなってくるんですよ
あーうらやましい

小黒ちゃんサマ

お料理を紹介できなかったのは、
本当に残念でした。
写真が有れば、味の創造は容易でしたのにweep
そうだ、小黒様にお願いが。
この沢山のお野菜たちの料理法、何かアイディアはありませんか。
簡単・美味しいレシピ募集中ですcoldsweats01

放浪人サマ

類は類を呼ぶ。
食いしん坊達に囲まれた幸せ者ですlovely
情報を提供し合って高カロリー街道まっしぐら!
それで、話題と言えば「ダイエット」
我ながら困ったものだと思いますcoldsweats01

kiriさん、グルメですね~♪
美味しいものをしょっちゅうお召し上がりになっていて羨ましいっ!

「胸いっぱいの愛を」・・・^^
私も聴きながら、写真のお野菜をじっと眺めさせて
いただきました。
ん~、何だかシュールな雰囲気が漂うばかりで、
何にも浮かんできませんでした。
何の料理になったのでしょうね。。

鮮度のいいお野菜は、手を掛けぬに限ります。
若い娘の素顔と一緒!
そのままで 美味しい。

古くなると、年寄りの厚化粧みたいにしないといけなくなる・・・

キンタポンさま

いぃえ、ワタシはウナギも食べられない、ただの食いしん坊です^^;
未だに、お野菜と睨めっこが続いております。
悪くならないうちに、とっとと頂かなくては。
キンタポンさん、何も浮かびませんでしたか?
そんなことでは困りますねぇ。
しっかり考えてくださらなければ!!

さぁ、どうする、どうする??

小黒ちゃんサマ

若い子の素顔と一緒!!!
なるほどなるほど。
わが身を振り返り、
若いピチピチのうちに頂きます。

グッドアドヴァイス、ありがとうございます。

またまたおじゃまっす。

さぁ、どうする、どうする?? ったって、あ~た(笑)
いくら提案してもおいらは食べられないんだよなあ(>_<)

ところで、ツェッペリンと玉ねぎを結びつけようとしていた私がバカでしたね。
ロバート・プラント、ジミー・ページ、ジョン・ポール・ジョーンズ、ジョン・ボーナム
ツェッペリンの面々が、玉ねぎやジャガイモに見えてきてしまうのでした。
どうも想像力が働かない。

もう、ポテト・サラダ、カレー、肉じゃが、ポトフ、この辺りでいきませんか?
お願いしますよ。もう、何でもいい、とにかく食べて!
胸いっぱいというより、腹いっぱいの愛を、でいきましょう♪

うわぁ、隊長!
も、申し訳ございませんm(__)m
二度の御出馬に胸一杯でございます。

本日は、お言葉に従いまして、
鍋一杯のポトフで腹いっぱい!とさせていただきました。
夏のポトフ、乙なものでございます。

ありがとうございましたhappy01

皆さんのコメントを見てニヤリ。
素材がよければ手を掛けない・・・禿同
 
そしてレッド・ツェッペリンといえば「エロイカより愛をこめて」。ジャガイモや玉葱が「ボーナム君」に見えてきました。

マイマイ様

尊敬するお二人のお言葉ですから、
素直に従うことといたします。
所詮、手を掛けた料理なんてムリな話ではありましたし^^;

「エロイカより愛をこめて」ですか。
メンバーがモデルとか?全く知りませんでした。
ファンと名乗るからには、読まねばなりませんかねぇ。

Kiriさま
 
ストーリーは何の関係もございませんが、作者の青池保子さんが熱烈なファンだそうで、メンバーが造形のモデルとなっております。
巻き毛金髪美形のドロボー貴族エロイカにロバート・プラント、他は黒髪のケチな税理士ジミー君、多才な丸顔のボーナム君、メカ担当のジョン・ポール(途中で消えました)。
 
最初はいかにも少女漫画風ですが、エロイカと好敵手の少佐がおっさん化するにつれて話が面白くなってきます。
 
図書館で借りる、という手もあります。

マイマイ様

恐るべしは、知識の宝庫のマイマイさん。
色々教えて下さって嬉しいです。

図書館、行ってきます!!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222066/55279542

この記事へのトラックバック一覧です: 籠一杯の野菜たち:

« どんとこい、太陽! | トップページ | 完敗 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ