« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月

2013年6月29日 (土)

ベトナムの旅・ハノイからハロン湾への旅・車窓編 

2日目、
朝、5時に目が覚めました。日本時間では7時です。
ホテルのお迎えまで早朝散歩に出かけました。
ガイドさんに、「バイクとスリには気をつけるように」と何度も念を押されましたが、街は、まだ静かで、道の横断も難なくできました。
Dsc_0002_2
朝食の開店準備でしょうか。
Dsc_0011
いっぱいの荷物を積んだ逞しい女性(これはまだ序の口でした)
Dsc_0014 
3人乗りは違法だそうですが、気にしない?
Dsc_0010
清々しい空気の中での散歩を終了し、朝からフォーを頂きます。
Img_1802

さて、2日目の観光は「世界遺産・ハロン湾」です。
ハノイから150km・約4時間かけて向かいます。
ズンさんの勧めで、バスの一番前に陣取りました。
そろそろ朝のラッシュが始まります。

学校が3カ月の夏休み中だと言う事ですが、それでも
Dsc_0020
中心街に行くにつれ、みるみるバイクが増えてきます。
ハノイの方でさえ、どこからこんなに来るのか不思議だそうです。
車の前だって、ドンドン横切ります。
Dscf9683
逆走も有りなど無秩序に見えますが、事故はほとんどないそうです。
飲酒運転には甘いけれど、スピード違反とヘルメット装着義務違反は厳しいそうで、みた限り、ヘルメットとマスクの装着率99.9%。キティちゃんが掛かれた可愛らしいヘルメットを被っている女性も。お洒落の一つかな?
この風景を観ているうちに、「バイクを運転したくなった」と言って皆から驚かれましたが、さすがにこんな場所では無理かなぁcoldsweats01
Img_2002

と、雑踏から高速道路に入ります。
北部の高速はバイクも走行OK!しかも無料です。(あまりにも多すぎて、料金の徴収に時間が掛かりすぎるためだそうです。納得)
高速道路の風景・・・フランスパン売りが!!
Dsc_0028

郊外の風景(黄色い壁が人気。屋上には地下水をくみ上げるタンク)
Dsc_0026
北部は二毛作。田園風景が広がります。
Dsc_0034
まだ地雷が撤去されずに残っている場所も有り、それに因って亡くなる方もいらっしゃるとか。。長閑な、、、とは言えない厳しい現実の一つ。
それでも、彼らは逞しい。道端に干されるお米。
Dsc_0036
そして、まだありました。悲しい現実。
撮影の許可は頂きました。
Dscf9700 
枯葉剤による被害者の方々です。
国営のお土産屋さんの一角で刺繍の作業中です。
「ベトちゃん・ドクちゃんは恵まれている」とガイドさん。
過ぎ去った遠い話ではないのですね。
ベトナムシルクのスカーフを数枚購入しました。
高いのか安いのかはわかりませんが、そんな事どうでもいいような気がしました。どれにしようかと迷い過ぎて、刺繍の額を購入できなかった事を今でも悔やんでいます。

さて、舗装、未舗装道路をグングンガタガタ走って、
Dsc_0035_2
4時間後、ハロン湾に到着しました。

つづく。。






2013年6月22日 (土)

ベトナムの旅・ハノイ編 1

ツアーのはじめは「水上人形劇」

着替えを済ませ、迎えの車に乗り込みます。
ご一緒するのは、横浜のご夫妻。
向った所は、「タイロン水上人形劇場」
個人でチケットを手配する場合、上演時間に因っては希望通りに取れない場合が多いそうです。特に、夕方は取りにくいとのことです。
入口で、撮影チケット(USドル1ドル)を購入します。
Img_1992
全席指定。残念ながら、後方の席でした。
Img_1756_2
民族楽器の演奏と合唱に併せて繰り広げられる物語。
Img_1767
ベトナム北部の農村の伝統芸能です。
龍の王様と山の女王が結婚し、100人の息子をもうけ、やがて、彼らの末裔がベトナム人になり・・・・労働・農業・戦争・祭り・宮廷舞踊・と次々と演目が進みます。言葉が判らなくても、スピーディーな動きと、美しい音楽(唄)で充分楽しめました。
Img_1768
約一時間、少々中弛みも有りましたが^^;フィナーレでは
Dscf9676 
綺麗な衣装を着た劇団の方々が登場。拍手喝さい!!
観て良かったわぁ。
Dscf9680

さて、程良くお腹も空きました。
今宵は「ベトナム家庭料理」だそうです。楽しみ~~~。
Dscf9685
先ずは、ハノイビールで乾杯(下戸な私が、ベトナムで一番飲みやすいと感じたビールでした)、もっちもちの生春巻きから始まり、デザートのマンゴーまでしっかりきっちり美味しく頂きました。空心菜のガーリック炒めがとっても美味しかったのですが、この後何度頂くことになるのか(笑)
10
横浜のご夫妻とは、共通の話で盛り上がり、一日早く入国されていたので、面白情報も沢山頂いた、楽しい一夜となりました。
こんな出会いがあるから旅は楽しい!!のです。

たった2時間の時差ですが、夜の散歩をする元気は残っていませんでした。こんな時こそ、バブルバスでゆったりして早目の就寝といたします。

2013年6月18日 (火)

ベトナム旅行 ドタバタ出発編

休みが3日しか取れないと言うので、
特に根拠もなく「じゃ、ベトナムに行く?」と私の言葉で始まった今回の旅行。
カンボジアのアンコールワットにも立ち寄るツアーなども検討しましたが、5日間ではちょっと無理だと判断し、ベトナムのハノイ・ホーチミンの2都市を回るツアーに決定しました。
出発予定日の一ヶ月前、JTBに予約。
ベトナム、人気があるのですね、飛行機の座席が満席とのこと。
ですが、「でわ奥の手を、、、」と、航空会社に直談判して、ツアー用ではない座席を確保してもらいホッと一安心。ホント頼りになります。
ベトナムは、パスポートの必要残存期限が3カ月以上。大変、2カ月しかないわ!と更新手続きを急ぎ、無事終了。あとは簡単な荷造りで全てOK!
でしたが、仕事が多忙になり連日残業続き、、その上、出発数日前に、背筋に激痛が。。何故に、こんな時にcrying・・・・・出発前日、病院で診察を受け「異常無し・とても綺麗な背中をしている」とお褒めの言葉を頂きましたが、逆に、整形的に異常がないと言う事は??と不安が増すばかり。、おまけに、夫まで腰痛だと言い出すし、、この期に及んでじたばたしても始まらないと、痛みが出ない様に薬を塗りまくり、乗り切るしかありません!!

そして、最大のアクシデント勃発。前泊のため成田に向かう途中、パスポートを忘れた事に気が付くという、大参事に成りかねないへまをやらかしました。当日だったらと思うと、恐ろしすぎる出来事でした。直前に持っていくバックを交換したのが原因ですが、虫の知らせという奴でしょうか、、、今では笑い話・・・いえいえ猛省していますm(__)m

そんなこんなのハプニング続きを乗り越え、
USドルと少額のベトナムドンに両替をし、
Img_1725
500000ドン(50万ドン)分の両替。
大金持ちになったような気がしますが、日本円で2700円でした。
(現地では1万ドンを50円として計算)
旅行客が行くレストラン、みやげ物店、ナイトマーケットでは、USドルも日本円もOKでした。コインがないので、おつりはおおざっぱな感じでした(笑)
Img_1989

10時発、ベトナム航空ハノイ行きに無事MIDORI13号と共に搭乗。
Nec_0151_2   
約6時間、飛びます飛びます。
Img_1737
機内食は、、、、所詮エコノミーですから。。。
ワインと炭酸飲料で喉を潤し、
Img_1739
マリネチキンの醤油ソース(洋食)
Img_1740
海鮮丼(和食)とメニューには書かれていましたが(笑)
Img_1741
所詮、エコノミーですから(しつこく、2度言います(笑))
70年代のロックをガンガン聴き飛ばしうつらうつらしたらハノイ到着。
Img_1746
ハノイ空港は、大きくて立派な空港に生まれ変わる最中のようです。

到着ロビーで、現地ガイドのハンサムでダジャレ好きで親切なズン(強い男の意味)さんの出迎えを受け、他のコースの方3組(5名)と合流し各ホテルへ向います。

郊外の空港から街中に向うバスから見える首都ハノイは、想像していた街並みとは違い、高層ビルや高級マンションなどが建ち並ぶ大きな街でした。新しい道路も、ビルもどんどん建設されています。日本の建設会社も頑張っています。
Img_1750
街の中心部に近づくにつれ、また違った光景を目にし驚く事ばかりですが、それは次回。

ホテル(メリア ハノイ)は、とても綺麗で近代的。
バスタブにだって、遠慮することなくお湯が張れます(笑)
Img_1753
エントランスで、アオザイ美人に挟まれたオットの鼻の下は、確実に3センチ長くなっていましたっけ。デレデレ~~~。
Dscf9662

素敵な旅が始まる予感note

しばし休憩をして、最初の観光。
「水上人形劇」に向います。

背筋・腰。共に快調!!

2013年6月10日 (月)

整いました。

3泊5日の旅の準備が整いました。

日数も短い上に夏仕様なので、
ガラガラのスーツケースをゴロゴロ押して行ってきます。
帰りには、ぎっしり詰め込まれてるかな??
Img_1743
短い旅ですが、
写真の一枚でもアップしたり、つぶやいたりできればなと思っています。

ま、そんな暇はないかもしれませんけど(笑)

あ~~2年振りのワクワクが止まらないairplane

2013年6月 8日 (土)

あれ?

かぼちゃは、雌花と雄花が咲いたら受粉をして実を生らせました。

同じ仲間と聞いていたこちらですが、先日、大きな花が一輪咲いたと思ったら、
Img_1734

あれれ?
Nec_0147 
これ、そうですか?
そうですよね?

二つ目の花芽にも、

Nec_0148
受粉、したのかなぁ???
ズッキーニはマリア様なのか?


一つ目の花は、ちょっと触れたら落ちてしまいました(^_^;

今度は、静かにそっと見守りたいと思いますeye

2013年6月 6日 (木)

梅シロップ

6月6日は雨ザーザー♬
ではなく「梅の日」だそうです。

先日、同僚から庭で採れたと言う梅を頂きました。
Img_1692
どうしたものかと、検索いたしましたところ、
梅シロップが簡単で美味しいとヒットしました。
ワタシの料理キーワードは「簡単」「美味しい」
はい、ドンピシャでございます。
丁寧に下処理をして半日冷凍にしたものを、
「氷砂糖の方が断然美味しい」とアドバイスをもらったのに買い忘れ、梅とほぼ同量のグラニュー糖に漬け込みました。量の多さに慄きながらドバドバドバドバ~~coldsweats01

Img_17301_2

一日に数度上下をひっくり返して、2日後の今日。
Img_17411

砂糖も溶けだし、少しだけシロップが出来てきました。
一週間も経てば頂いても良いそうです。
あと5日、指折り数えて待ちまするlovely

美味しくなれ~~、美味しくなれ~~~。

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ