« 三脚使いの達人になる | トップページ | 寿福寺(鎌倉)からロシアへ? »

2014年2月 6日 (木)

英勝寺

鎌倉廻り続きます。

今回は、鎌倉唯一の尼寺「英勝寺」

太田道灌の子孫で、徳川家康の側室であり、水戸家初代・徳川頼房の養母「お勝の方」が、家康逝去後、太田家ゆかりの地に創建したた寺が「英勝寺」
頼房の娘「小良姫」が住職として入寺して以来、水戸家の御寺と称えられ歴史を重ねてきました。
総門(閉じられています)
Dsc_0038_600x399_2
通用門。
Dsc_0977_600x467
水戸家の三つ葉葵と太田家の桔梗の紋
Dsc_0036_400x266
三つ葉葵
Dsc_0027_600x399

寄棟、裳階付きの仏殿。
軒には十二支の装飾彫刻。
Dsc_0983_600x399

Dsc_0022_600x399
正面
Dsc_0997_600x397
小窓の張り紙には「開けたら閉めてください」と書かれています。
Dsc_0995_600x399
でわ、開けましょう。
Dsc_0996_600x398
あっと驚く華やかさ。
本尊の阿弥陀三尊、天井には華やかな天女などの絵が。
美しいです。

Dsc_0024_399x600_3山門と石塔。
直線的な銅板葺の屋根は英勝寺建築の共通した特色だそうです。
Dsc_0981_600x399
格式の高い寺院にのみ見られる「袴腰付鐘楼」
鎌倉ではここのみだそうです。
Dsc_0033_399x600竹林は姫御殿跡。(水戸家姫君の居所跡)
Dsc_0010_399x600_2他にも、「唐門」「祠堂」など、
小さいながら見どころ満載のお寺でした。
花のお寺としても有名なので、これからの季節が良いかもしれません。
Dsc_0001_600x389
こんなものに乗って鎌倉を巡るのも良さそうです。
Dsc_0978_399x600

もう一か所廻って、ランチをします。

続きます。




« 三脚使いの達人になる | トップページ | 寿福寺(鎌倉)からロシアへ? »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

続くんか~いい!
楽しみじゃ!!(^^/happy01

鎌倉 行こう行こうと言い続けて早数年!!
やっぱこう言った風景はこころ和むね~!!
すばらち~よニッポンfuji

shoe ハマゴンさま

あはははぁ~~、引っ張りますcoldsweats01
お付き合いくださいませnote

shoe てるひこさま

近くてもなかなか行けない鎌倉。
歴史感じますよねぇ。
できたら着物で行きたいくらいですjapanesetea

あ~いいですね、鎌倉^^
最近、鎌倉周辺を検索してました・・・
お寺もたくさんあって、美味しいものたくさんあっていきたいなぁ?って
参考になります。。。happy01


おー、写真がすばらしい。
(三脚の成果ですか)

shoe ブチさま

おっ、鎌倉行きますか?
良いですよね。
これからはお花の季節だしcute
今年は、ちょこっと鎌倉めぐりしようかなって考えてます。
お洒落なブチさんには参考にはならないと思いますcoldsweats01
逆に、良い所あったら教えてくださいね。

shoe マイマイさま

まだ出番がありません。
意気込みばかりでお恥ずかしいcoldsweats01

阿弥陀さまが華やかです
鎌倉は奥が深いですね
こんなお寺がいっぱいあるんだ
歴史がすごい

shoe 放浪人さま

日本史が苦手で、
どの時代なのか混乱してしまいますが、
そんなことは抜きにしても^^;
興味深いお寺がたくさんあるので、
少し、通ってみようかなと考えています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222066/59079107

この記事へのトラックバック一覧です: 英勝寺:

« 三脚使いの達人になる | トップページ | 寿福寺(鎌倉)からロシアへ? »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ