« 見つめあう | トップページ | 3月9日 »

2015年3月 4日 (水)

真壁ひなまつり 

久し振りに訪れた蔵の街・真壁は、
明るく、広くなったような印象を受けました。

前回の様子をアップした記事を読み返すと→ひなまつり 街歩き編 
蔵や門などの、国の登録有形文化財建造物が104棟、と書いていますが、今回、市のHPによると、99棟となっていました。
前回訪れたのは2011年2月。

翌3月の大震災では、なんと伝統的建造物の9割以上に被害が出たとか。
今なお、復元修理工事は続けられているそうです。

家の中は被害が有ったようには見えませんでしたが、 Dsc_0452_2

Dsc_0455_2

Dsc_0456

広く感じたのは、空き地や真新しい塀が多くなっていたからかと。

前回、お琴の接待をしてくれたお宅も、蔵の修復中でした。
「来年には間に合うから、また来てね」とお土産を下さいました。
(羊の下の石は、クイズに答えて頂いた御影石のコースター)
Dscf2669_3

真壁と言えば、真壁御影石も有名で、
なんと、真壁石の花崗岩が形成されたのは6000年前とか。
これクイズの問題でした。
「600年前だよ、ネットで調べたから間違いない」と、知らないおじさんに騙されましたが(笑)、何故だか、景品はちゃっかり頂戴いたしました。

沢山のお雛様を拝見して、
Dsc_0423

Dsc_0425

Dsc_0442_21_2

Dsc_0427

Dsc_0475

みんなの優しさに触れ、飽きることなく歩き回った一日でした。

お腹が空いたら、、、

今回は、2階のかぐや姫がちょっと怖いこちらで。
お岩さんにみえたのは内緒です。
Dsc_0434
すいとん500円。ほかほか~~あったまるぅ♪
Dscf2666


真壁のおもてなし、最高!!


また来年。






« 見つめあう | トップページ | 3月9日 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

こんにちは~

2階の大きな人形、かぐや姫だったんですね。
足が見えないから、ゆ○れいっぽく見えちゃいますよね。
夜だときっともっと怖いですね。

shine yuukiさま

こんにちわ。
加えて、サクラの模様がどう見ても血飛沫に見えて、
ちょっと怖かったですよ。
教えてもらわなければ、かぐや姫とは気が付きませんでした^^;

はじめまして。

上から5枚目の写真が私どもの『御殿雛』になりますのでコメント残させて頂きます。

まずは真壁へお越し頂きありがとうございます。
震災前にもお越し頂いたのですね。
阪神も新潟もいまだに爪あとが残っているのが実情です。メディアで流れる事が全てではありません。
爪あとは気分が悪くなると思う方も居る一方、ソレがあったから励みになるという事もあります。
震災があったから今がある。
どうせならばそう思える今を過ごして生きたいです。どこか懐かしく、のんびりとした街ですが『活気』も感じて頂けたならば幸いです。
私どももこの祭りに賛同し参加する主催者の一人としてこの祭りの趣旨を忘れずに維持・継続していけたならばと感じております。
是非、次回お越しの際には気軽にお立ち寄り下さい。
長文失礼致しました。


古の街より  塚本

shine  塚本さま

ご訪問、コメント有難うございます。
「御殿雛」と言うのですね。
沢山拝見させていただいた中で、
心に残ったお雛様でした。
復興半ばだとHPで拝見しましたが、
震災が有ったことを忘れてしまうほど、
明るく活気あふれるお祭りだったと感じました。
何より、皆様の温かさに感謝しています。
また、是非お邪魔させていただきます。
次こそは、真壁石の灯籠、、
持ち帰られるように、、頑張ります(笑)
一日も早い復興をお祈りしています。
ありがとうございました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222066/61230526

この記事へのトラックバック一覧です: 真壁ひなまつり :

« 見つめあう | トップページ | 3月9日 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト
無料ブログはココログ