« アホウの旅 その5 雨にも負けず | トップページ | 夏の終わりの »

2015年9月 1日 (火)

アホウの旅 その6 美味しいもの編

羨ましほど海の幸に恵まれた徳島で、

最初に連れて行ってもらったのは、
行列の絶えない「びんび家」さん。
びんびとは、子供言葉でお魚のことだそうです。

水槽から出しては捌かれます。新鮮そのもの。
私は刺身定食。
こんなにコリコリとしたハマチを頂くのは生まれて初めて。
厚切りの一切れが、なかなか噛み切れません。
衝撃の美味しさ。
友人が、薄切りにしてと言った理由に納得。
そして、この若芽のお味噌汁!!!
特大のお椀にたっぷり。
流石鳴門!!
そうそう、お刺身のつまも、勿論若芽がたっぷり。
大満足でした。
Dsc_0581


夜は、お寿司屋さんで「ミニ懐石」
素敵な店構えに期待が膨らみます。
Dsc_0619_2

期待通りのお料理でした。
どれもこれも美味しい美味しいと頂きましたが、
中でも、人生二度目の「鱧」。
実は、初めて頂いた時の印象が悪くて苦手な一つでした。
友人のご主人から、「徳島の鱧は美味しいから食べてみて」と勧められ怖々口に運びました。
「美味しい!!」全く別物じゃないかと思うほどに美味しい!!
鱧苦手から一気に鱧大好きに変身したのでした。
器も接客も素晴らしく、堪能したお食事でした。
Dsc_0622


そして、阿波と言えば「阿波尾鶏」
癖がなくて柔らかくてまことに美味しい。
お酒を飲まなくても、何本でも頂けます。
淡路島産の玉ねぎサラダも、さっぱりと甘みが有ってこれまた美味しい。
お腹いっぱい、頂きました。
Dsc_0646

最後は、徳島阿波踊り空港にて。


乗る予定の便が、2時間以上遅れました。
お詫びにと、JALよりお食事券千円分を頂きましたので、
「徳島バーガー」を購入。
Dsc_0686


心残りと言えば、
太刀魚の干物を買ってこられなかったことcoldsweats01


最後の最後まで、堪能した徳島の旅。
これにて最終回です。


本当に良い旅をありがとう。


« アホウの旅 その5 雨にも負けず | トップページ | 夏の終わりの »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

鱧は料理の仕方によってまるで味がかわりますね。私は子どもの頃から夏には必ず鱧を食べていたのですが、我が家では湯に通した鱧に酢味噌をつけて食べるという方法だけで、私は酢味噌が苦手だったので鱧の料理も好きではなかったのですが、社会人になっていろんな食べ方を知って、鱧の美味しさを知りました。生命力がもの凄く強い鱧を食べると身体にパワーが出そうな気がしますね。

鱧は美味しいよね!
東京ではまだ美味しい鱧に巡り合っていないけど、神戸で食べた鱧が忘れられない。
厚みがあって、旨みもたっぷり。
徳島は山の幸海の幸美味しいものイッパイあるよね。 私は1回しか行っていないけど・・・

楽しくて美味しくていい旅でしたね!

japanesetea オジンガーZeitさま

関西では、本当に夏の定番なのですね。
スーパーでも売られていると聞いて驚きました。
初めて口にしたとき、美味しいと感じることができなかったのは、調理方法が私には合わなかったのですね。
こんなに美味しいものだったなんて、
ちょっと、いや、かなり損したような気分です。
徳島と言い、大阪と言い、美味しいものが溢れていて羨ましいです。

japanesetea お黒ちゃんさま

鱧って、美味しいものだったんですね。
一度きりの経験で、嫌いと決めつけていたことが悔やまれます。
美味しい味を覚えてしまうと、後戻りできませんね。
遊んで食べて、お腹いっぱい満喫した旅でした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222066/62196986

この記事へのトラックバック一覧です: アホウの旅 その6 美味しいもの編:

« アホウの旅 その5 雨にも負けず | トップページ | 夏の終わりの »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック