« 五箇山・白川郷の旅 ① | トップページ | 写真展終了 »

2016年2月27日 (土)

五箇山・白川郷の旅 ②

白川郷、

驚きの雪の少なさ。

Dsc_2190_2

昨年の様子。↓ ほぼ同じ場所です。

Dsc_0031_2

今回は、

国指定重要文化財「和田家」を見学させて頂きました。
見学料 300円。

合掌造り家屋の中では、家内工業として、養蚕や塩硝作りが行われていましたが、
和田家は、庄屋を務め、塩硝の取引で繁栄した白川郷の代表的な住宅です。

一階の囲炉裏から、

Dsc_2203_2


暖を取り、風通しを良くするために、2階の床板には隙間が。

Dsc_2212


屋根組は丈夫な縄(マンサクの生木)で固定されています。

Dsc_2208



2階窓から集落を眺める。


Dsc_2216_2


屋根の葺き替えは30~40年に一度。

大事な文化財を守るために、

一番気を付けなければいけないのは火事。



Img_20160222_110531_2


マナーを守って、見学したいものです。

« 五箇山・白川郷の旅 ① | トップページ | 写真展終了 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

良いですよね、こういった経験。
構造を見せる造り、個人的にですが大好きです。

白川郷は、一度行ってみたいと思いながらも
まだ行ったことがありません。
冬の風景は日本昔話の世界のような感じを想像しますが、
それにしても今年は雪が少ないのですね!eye
kiriさんの写真から、雰囲気がとてもよく伝わってきて、
ちょっぴり白川郷を旅した気分になれましたshine
ありがとう~heart04

shine ぬさま

百聞は一見に如かず、
説明だけでは理解できなかったことも、
観ることによってわかること、ありますよね。
素人の私も、興味深く拝見できました。
もっと触りまくってくれば良かったと後悔してます(笑)

shine hananoさま

人里離れた雪深い山奥にひっそりと建つ集落。
ロマンを感じますよね。
ライトアップの時期は、想像以上の人込みで驚きましたが、美しい風景を観ることができます。
雪が少ないのは、暮らしやすいとは思いますが、
暖冬過ぎると言うのは、ちょっと気がかりでした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222066/63268350

この記事へのトラックバック一覧です: 五箇山・白川郷の旅 ②:

« 五箇山・白川郷の旅 ① | トップページ | 写真展終了 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ