2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

« 小田原文化財団 江之浦測候所 | トップページ | 巡礼の道  »

2019年2月11日 (月)

小田原旨しもの

折角なので、小田原で美味しいものでも頂こうと途中下車。

路地裏をぶらりぶらり、優秀な美味しいセンサーが働きまして、
とあるお店に突入いたしました。
カウンターとテーブルが数席の小さいお店でしたが、
飲めないワタシにも嬉しい定食もあり。
焼き魚定食をお願いしました。(上段右側)

美味しく頂いた後に、この魚は何ですか?と問うと、
「スミヤキ、美味しかったでしょう?」と仰る。
炭焼き?で、魚の名は?えっ、名前がスミヤキ?と驚く私に、
「クロシビカマス、、深海魚、、検索してね」
美味しく頂いた後に聞いて良かったと、胸を撫でおろしたのは秘密です。
ご推察通り、ビビりな私は検索しませんけどね。
Dsc_3144odawara2019
魚市場が日曜日と水曜日がお休みなので、
平日に伺うのがベストのようです。

« 小田原文化財団 江之浦測候所 | トップページ | 巡礼の道  »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

 FUJIKAZEさま

こんばんは^^
コメント有難うございます。
深海魚で思い浮かべるのは「アンコウ」位の知識しかありません。
今、ブームなんですね、知りませんでした。
今回頂いたスミヤキもとても美味しかったんですけど、
深海魚のイメージでちょっとビビりました。
食わず嫌いを克服しない限り、人生の半分損をするかもしれませんね。

こんばんは!
最近、深海魚はブームですからね。
ちょっと前までは西伊豆の戸田へ行かなければ食べる事が出来なかったのですが、最近は沼津、焼津はもちろん、私の地元の清水でも食べる事が出来ます。
小田原でも食べられるようになったんですねぇ・・・。
以前は、キンメの仕掛けや底引き網に偶然掛かった深海魚を漁師が売り物にならないからって、タダ同然で小料理屋に卸していたようですが、最近は需要が高まり、わざわざ深海魚を捕りに行く漁師も増えたようです。
まぁ、食べて見ると美味しいですからね。
私も好きですよ。

billさま

こんばんは^^
いつも有難うございます。
おぉ、優しいお心遣い、更に、検索はしないと強く心に誓いました(笑)
お味は、スミヤキ(別名)の名の通り、皮までも美味しかったんですよ。
機会が有ったら是非ご賞味ください。
店主の話によると、小田原近辺ではスーパーにも並んでるそうです。
billさんのセンサーも超優秀ですので、今のままで大丈夫です!!


こんばんは♪

僭越ながら、ググってみました^^;
kiriさんのお考えを尊重しますので、
結果(ボクが感じた印象)は控えさせて頂きます…
ところで、クロシビカマスは食べた事がありません><
(あったとしても覚えていません^^;)
これまでのところ、海産物に苦手なものはないので、
きっと美味しく頂けるかと思います♪
My"美味しいセンサー"磨いておかなくちゃなぁ

 yokorinさま

こんばんは^^
いつも有難うございます。
なかなかポルトガルが終わりません。いつになるやら
ごく一般的な?(笑)カマスは全然大丈夫なんですけど、
どうやら、違う種類のようなんですよ。
深海魚と聞いて、別物なんだ、絶対検索しないぞ!と決心した次第です(笑)
小田原近辺では、スーパーでも売られていると仰ってました。
美味しかったんですけどねぇ。。

 ハルさま

こんばんは^^
いつも有難うございます。
検索なさったんですね、、そうですか、、本当ですか?^^;
自慢じゃありませんが、私、鰻もダメなんですよ、ビックリでしょう?
と言う事で、やっぱりまだ止めておきます

こんばんは(o^-^o)

ココログから離れている間に、kiriさんの旅が進んでしまって、まとめて読ませていただきました。
素敵な写真ばかりですごいです✨
今回はお料理ですね!
美味しそうなものばかりです。
カマスって、深海魚なんですね。
(私も検索してません、笑。)

カマスのお顔は意外と可愛いですよ〜。
kiriさんのブログ、いつも楽しみです。

クロシビカマス、検索してみましたよ。
好奇心旺盛なkiriさんなのに、検索しないなんて・・・。
もっとオドロオドロシイ、いかにも深海魚な魚が出て来ると思いきや、案外普通の魚が出て来ましたよ。良かったですねー。
嘘じゃないのでぜひ検索してみて下さいねー。ではでは。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小田原旨しもの:

« 小田原文化財団 江之浦測候所 | トップページ | 巡礼の道  »