2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

« ジンジーニャチョコでTea Break | トップページ | 小田原文化財団 江之浦測候所 »

2019年2月 1日 (金)

バターリャ~コインブラ

2日目です。

バターリャとは、ポルトガル語で「戦い」を意味するとか。

見学したのは「勝利のサンタマリア修道院」

王の回廊、未完の礼拝堂などが有名ですが、
Dsc_6933
 
ステンドグラスの美しさに魅了されました。

Dsc_6949
圧倒されます。
Dsc_6941_2

王の回廊

Dsc_69641

昼食後、コインブラに向かいます。

ポルトガル最古のコインブラ大学を見学。
門にぶら下がる布切れは、卒業生がマントの切れ端をぶら下げるのだとか。
丁度、写真撮影をしていた学生さんがいたので一緒に撮影会。
スタイル抜群でしょ?

Dsc_6994  

世界遺産の蔵書30万冊以上と言う図書館は撮影禁止でしたが、
金泥装飾が施された本棚は美しさと重厚さで見惚れました。
古い書物の虫食いを防いでいるのは、なんとコウモリだという説明に、
コウモリの糞の方が心配だと思ったのは私だけだったでしょうか?

Dsc_7008

コインブラファドは学生たちに受け継がれて、歌うのは男子学生のみ、
明るくコミカルな曲が多いそうです。

Dsc_7040

高台の大学からぶらぶらと町に下ります。

Dsc_7045

コインブラの名物は、「コルク製品」と「金平糖」が有名です。
水にも強いコルク製品は、バッグや帽子、傘など多彩でしたよ。
添乗員さんがツアーのために持ってきたリュックも人気でした。
ただ、結構お値段も良くて、、
「金平糖」を爆買い(笑)
可愛らしいけど、カステラ同様、お味は日本の方が断然美味しいです。
(下段の方です)
Dsc_7055

これにて2日目終了。

3日目も良い天気になりそうです。

Dsc_7071


« ジンジーニャチョコでTea Break | トップページ | 小田原文化財団 江之浦測候所 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

 ハルさま

こんばんは^^
いつも有難うございます。
そうなんですよ、光が無かったらこんな光景は見られませんでした。
最強の晴れ女と自称したいと思います
真面目に生きるのも悪くないですね。自己肯定(笑)

ステンドグラス、光が射すと綺麗ですね。

2枚目の太陽の入れ方もですが、3枚目の光の風景が良いですよ。
これ、曇りだったら見れない訳で、晴れてるって事は幸運な事です。
やっぱり日頃の行いでしょうかね。
長いこと真面目に働いてきたご褒美でしょう。
kiriさん、仕事も遊びも全力投球!な感じがします。

 たろさま

こんばんは^^
いつも有難うございます。
へんに修復しないところも歴史を感じますね。
スペインのアルハンブラでは、今の技術では修復不可能だと聞いたことが有ります。
驚くことばかりです。
金平糖、歯も心配ですけど、体重の方が心配かも
朝焼けと夕焼けに癒された旅でもありました。
日頃の行いが良かったのだと、、思います(笑)


billさま

こんばんは^^
いつも有難うございます。
ステンドグラスの光溢れる教会は本当に美しくて、
宗教には無縁の私でも、神聖な気持ちになります。
ポルトガルから伝来したものの中の一つですが、
え?こんなものも?と言うほど多いのには驚くばかりです。
ポルトガル語でコンフェイト、、と言うそうです。

こんばんは!

ふーむ、重厚な建築物には圧倒されますね。 歴史の滲む
汚れ?も、またいいですなー

ステンドグラスが、また独特の世界を作りだしています。

何だか外国の方が、歴史を大切に守っているような気が
してうらやましいな。

金平糖を爆買い? 歯が何本あっても足りなくなりそ

美しい夕焼けにも出合えて、ステキですねー。

こんばんは♪

どのお写真も(当たり前ですが^^;)日本的な要素がなく、
とても新鮮に楽しまさせて頂いております
特にこの「勝利のサンタマリア修道院」は凄いですね!
全く違うアプローチからの厳かな雰囲気に圧倒され、
ポカンと口開けたまま固まってしまいそうです。。

金平糖って、てっきり和菓子かと…
一つ、勉強になりました^^;

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バターリャ~コインブラ:

« ジンジーニャチョコでTea Break | トップページ | 小田原文化財団 江之浦測候所 »