2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

« 小田原旨しもの | トップページ | ポサーダに泊まる »

2019年2月15日 (金)

巡礼の道 

エルサレム、ローマとともに、キリスト教の世界三大聖地の一つ、

スペインの「サンチャゴ デ コンポステーラ」へ。

巡礼の道(800㎞)を歩き通すには、約一か月も必要だそうですが、
そこはツアー、聖地観光だけとなります。
先ずは、巡礼者の像が立つゴーソの丘(歓喜の丘)から街を見下ろします。

Dsc_7087
                (巡礼者のシンボル、ホタテ貝と瓢箪)

皇太子がこの地を訪れたのを記念して建てられたそうですが、
(日本スペイン交流400年記念)
巡礼者が勘違いをして履いてきた靴を置いてしまうとの事。
笑い話のような、、何とも言えません。

Dsc_7085

冬でオフシーズンなのか、巡礼者はあまり見かけませんでした。
Dsc_7148

町は、

9世紀ごろ発見されたと言う聖ヤコブの墓の上に建てられた「大聖堂」を中心に、

Dsc_7121

修道院、教会、広場、また、旧王立病院だった5つ星のパラドールなどもあり、

Dsc_7125

シーズンには多くの巡礼者で賑わうのだろうと、想像をしながら町を散策しました。
大聖堂では、祭壇裏の聖ヤコブ像に触れながら、願い事を、、、(間違ってる?)
お土産屋さんでクッキーやらおっぱいチーズやらを物色したり、
世界一狭い路地やらをブラブラしたらランチへ。

Dsc_7096

誰かが「野沢菜じゃない?」と言っていた緑の葉のスープは蕪の葉じゃなかろうか?
伝統的なガリシア料理のようで、とても美味しかったです。

Dsc_2989spain


Dsc_29921spain


このツアーを選んだ2番目の理由が、
「ポサーダ モンステイロ デ ギラマンエス」に泊まる事。
200kmもなんのその 楽しみです。













« 小田原旨しもの | トップページ | ポサーダに泊まる »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

yokorinさま

こんにちは^^
いつも有難うございます。
巡礼者がやっとたどり着いてホッとする場所なんでしょうか。
気持ちの良い丘でした。
何故ホタテなのか、真偽は分からないようですが、
ヤコブのお印がホタテのようです。
街中いたるところに、ホタテのマークを見ることができました。
私には、宗教を理解するのはなかなか難しいです。

こんばんは(o^-^o)

ゴーソの丘、素敵〜。
やはり日本のお遍路とは雰囲気が違って、趣がありますね!
キリスト教巡礼のシンボルが ホタテとひょうたんというのも
何か意味があるんでしょうね。
日本と違う雰囲気で、 異国情緒を感じます。
続きが楽しみです。

 マコママさま

こんばんは
コメント、有難うございます。
このツアーを選んだ理由の3つ目がここを訪れる事でした。
テレビは観そびれました、残念です。
オンシーズンでしたら、沢山の巡礼者に出会えたかもしれません。
今少し、お付き合いくださいませ


 ハルさま

こんばんは^^
いつも有難うございます。
しかも、巡礼を認めてもらうには厳格な決まりもあるようです。
旅行に行くたびに、宗教の力の凄さを思い知らされます。
電車は時刻通りに来て当たり前に慣れてしまいましたからね。
私も、イライラしたり、不安になったりします。
最終日のリスボンで、面白い体験をしました。
また後日記事にしたいと思います。

こんにちは。
 いいですね。ここへは行っておりません。
以前、NHKでこの巡礼の道を放映しておりましたので、
観ましたが・・・。
 続きを楽しみにしております。

巡礼、1か月も歩くのですか?
800km÷30=26.6km
毎日30km弱、それを1か月、宗教の力ですね。

広大な大地、歴史ある建物、ちまちました日本とは景色(雰囲気?)が違う気がします。
日本に居ると電車が数分遅れただけでイライラ。ダメですね。(u_u。)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 巡礼の道 :

« 小田原旨しもの | トップページ | ポサーダに泊まる »