2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

« 2019年5月 | トップページ | 2019年7月 »

2019年6月

2019年6月26日 (水)

写真展終了

一年に一度の写真展が終了しました。

今回は一都4県から61名の作品が集まりました。

足元の悪い日もありましたのに、

正味三日で900名もの方がご来場くださったことは、感謝に堪えません。

が、出展者は勿論、見に来てくださる方も写真愛好家が多いので、

まぁ、それはそれは姦しく、あーでもない、こーでもない。

得意分野も、ネイチャー、風景、スナップ、心象写真と様々。

お互いに理解出来たり、出来なかったり、認め合ったり、合わなかったり。

なんとも賑やかな写真展なのでした。

そんな中、ちょっと困ったお客様が。

Dsc_3417

「可愛い~~」と大人気で、私も思わずシャッターを押してしまいましたが、

受付係としては、失敗だったと猛省いたしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019年6月23日 (日)

会津絵ろうそく

およそ500年前、

漆器の製造と共に、漆樹の実から蝋を採取しろうそくが作られたのが始まり、

江戸時代までは、神社への奉納や上流階級の人の結婚式など、特別な日に用いた貴重品で、

結婚式には一対の絵ろうそくを灯したので「華燭の典」なる言葉が生まれたとされる。

(会津絵ろうそく本舗 山田商店さん 参照)

そんな、手作り手書きの美しい絵ろうそくを頂きました。

優しい香りもします。

Dsc_3425

どんな光を見せてくれるのでしょう。

お仏壇に供えさせて頂きます。<m(__)m>

 

 

 

 

2019年6月17日 (月)

フラメンコショー

お試し一か月で挫折した過去を持つくせに、フラメンコ好きな私に、

友人の友人が出演するフラメンコ教室の発表会のチケットが回ってきましたので、行ってまいりました。

「あ~、頑張ってるのは良く判った!」と、

お試し一か月で挫折したくせに(大事なので2度言いました)何故か上から目線の失礼な私でしたが、

最後に登場したプロの演技に、満足の夜なのでした。

フラメンコと言えば、

スペイン旅行の際、

グラナダの洞窟フラメンコのタブラオ「ロス タラントス」へ行きました。

Dscf21601

男性ダンサーの汗がかかるほどの近い場所での鑑賞は迫力満点。

女性も、年配女性の方が魅力的だったり、

Dscf214912

ギターも歌も格好良くて、大興奮のショータイムでした。

Dscf2155

そうそう、手拍子はするなと言われた事を思い出しました。

リズムが狂うって(^_^;)

確かに。。

 

次のスペイン旅行のために、もう一度習っちゃう?なぁんて思ったことは内緒です。

 

 

 

 

 

 

2019年6月15日 (土)

雨の日に

来週に控えたイベントの準備も、ひとまず落ち着いた週末の雨。

P52803271_1

こんな日は、のんびり過ごすのも悪くない。

天候不順の日が続いて、体調管理も難しいですが、

どうぞ、良い週末をお過ごしください。

 

 

 

2019年6月10日 (月)

京都の旅・最終日

あっという間に最終日。

恋に無縁の女が4人、向かったのは大原三千院。

「俺、三千院、超好き」とバスに乗り合わせた若者も言ってましたっけ。

結構な坂道です。

P5290356

昨日(雨)じゃなくて良かったねぇ、、転んだら大変だものね。

P529035823

帰りのバスの時刻を気にしながら、拝観しましょ。

P52903831

雨の翌日だったので、緑も苔も生き生きしてました。

可愛い童地蔵さん。

P52903731

可愛らしいですねぇ。望遠レンズが欲しかった、、

P52903732

御朱印は5つ頂けるようです。

駆け足で回った三千院、本場のしば漬けも味見したり、買ったり、、

ホテルに戻って、軽い昼食を頂いて京都駅へ。

一度見たかった駅にテンション上げて、帰路につきました。

P52903911

楽しい時間はあっという間に過ぎるものですね。

ラッシュ時に重ならないようにと、帰りの時間を早めたのは失敗でした。

また次が有ることを信じて、解散!

楽しい旅をありがとう。

 

 

 

2019年6月 7日 (金)

京都の旅・南禅寺から

2日目は、予報通りの雨模様でした。

あまり無理せず歩けるところまで、とゆるい作戦会議後、

バスと地下鉄が乗り放題の一日券を使い観光に出発です。

Dsc_3410

先ず向かったところは、南禅寺。

P5280289

天下竜門と号し、上層の楼を五鳳楼と言われる三門(日本三大門)

P52803071

高さ22メートル、急な階段を、息を切らして登りました。

回廊でしばし休憩。雨に濡れた緑が美しい。

「絶景かな、絶景かな」by石川五右衛門

P52802982

法堂でお参りを済ませ、南禅寺と言えばここでしょう??と言う場所へ

琵琶湖の湖水を京都市内に引くために建てられた「水路格」

P52803141

おや?沢口靖子?片平なぎさ?はたまた・・・

P52803201

しばし遊んで、御朱印を頂いて、お昼ご飯の時間となりましたので、

南禅寺に来たら、行っとかないと。。湯豆腐を頂きました。

P5280333

水路閣繫がりで、蹴上インクラインを歩いて、
       詳しくは↑をご参照ください<m(__)m>

P5280334  

南禅寺に向かう途中「ねじりまんぽ」と書かれたトンネルを抜けて行きます。

ねじれたまんぽ(トンネル)と言う意味らしいです。

P5280338

説明書がありました。私の下手な説明よりも読んでいただいた方が(^_^;)

P5280339

雨も止みそうにないので、傘を差さずに歩ける錦市場へれっつごー。

人人人で溢れかえってました。

美味しそうな匂いや、美味しそうなお魚やら、美味しそうなお惣菜やら、美味しそうな・・

P5280342

錦天満宮を横目で、

P52803451

次は祇園へ。

9割方、外国の方々だったように見えました。

しかも、雨の中、着物を着て撮影に余念がなく、

イメージしていた祇園とは違って、ちょっと当てが外れたのは残念でした。

P52803472

ホテルに戻る時間を考えて、八坂神社までは行けないと判断して、

京都最古の禅寺「建仁寺」に立ち寄り、堂々とした法堂を外から眺めて、

 

P52803521


温泉と美味しいお料理が待つホテルへ帰りました。

今宵はイタリアン!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ポチッとよろしく!

2019年6月 3日 (月)

そうだった、京都へ行ってきました その2

京都駅で落ち合い、地下鉄に乗って宿泊地へ向かいます。

ホテルにテンションが大いに上がりました。素敵💛

Dsc_3392_1

初日は、近くの瑠璃光院へ向かいます。

有名なんですね、、恥ずかしながら、勉強不足で知りませんでした。

拝観料は2千円とチョイお高め、とは思いましたが、

春と秋の時季のみの公開とあれば、納得です。

撮影スポットのようです。譲り合いながら順番に。

平日で、人出もそれほど多くなかったのはラッキーでした。

P52702461

こんな素敵な写真が撮れるんですよ。って、皆さんはご存知なんでしょうね(^_^;)

Dsc_3406

黒いテーブルや、磨き込まれた廊下に映り込んだ青もみじに萌えました。

秋もさぞかし美しいのだろうなと想像しながら📷

P52702421

人生初の写経もしました。ボールペンなので気楽に。

Dsc_3328

願い事は沢山書きましたが、心洗われた様な気がしました(笑)

御朱印が置いてありましたので、初御朱印頂きました。自分で印を押し、日付を記入します。

隅々まで堪能し、瑠璃光院の入場券で入館できる「ルイ イカール美術館」に寄り道、

アールデコ時代を代表するフランスの画家だそうです。

しばし、優雅な時間を過ごし、ホテルに戻ります。

途中、素敵な駅もありました。

比叡電車 八瀬駅

P52702791

フォトジェニックな電車が停車中でした。

P52702832

観光列車「比叡」。可愛らしいです。

P5270281


こうして、ゆったりだけど賑やかな旅が始まりました。

 

 

 

ポチッとよろしく!

2019年6月 1日 (土)

そうだ、京都へ行ってきました!

永遠の女子「はたのだいガールズ」で、2泊3日の旅をしてきました。

P5290388

自宅のバラをブーケにして持ってきてくれたのは、気配り上手なマダムローズ

ホテル滞在中、華やいだ雰囲気になりました。

Dsc_3341

面倒見が良くて、どんな話も聞いてくれる心優しきマダムミーブ

お淑やかに見えて、一番強くてしっかりしたK様

ツアー慣れしてるからと言い張り、お任せしますのワタシ。

3人寄れば姦しい、、どころか、4人ですから。💦

マダムローズの旗振りのもと、楽しくないはずはありません。

先ずは、素敵なホテルにテンション上がり、観光に突入いたしました。

 

ポチッとよろしく!

« 2019年5月 | トップページ | 2019年7月 »