2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

B級グルメ

2020年12月26日 (土)

ソースカツ丼

ソースカツ丼発祥説は数々あれど、

私にとってのソースカツ丼発祥の地は「会津若松」

旅行で何度か訪ねた福島ですが、未経験のまま。

今回、初めて食しました。

Img_2949

旅先での朝食ってどうして美味しいんでしょうね。

ついつい食べ過ぎてお腹が全く空きません。

観光案内所で教えて頂いた馬肉ラーメンは食べられそうにありません。

どうしたものかとぶらぶらしていると、

憧れのソースカツ丼発見。しかも発祥の地と書かれているじゃないですか。

Img_2957

しかもしかも、小サイズあり。これならいける。入りましょ。

じゃーん。初ソースカツ丼!

キャベツが敷かれた上にソース味のカリッカリのとんかつが三枚。

美味し~~い♪ 

Img_2955

調べてみたら、

会津のソースカツ丼の元祖が「若松食堂」

創業昭和5年だそうです。

大正解でした。

 

 

 

にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ
にほんブログ村 にほんブログ村 シニア日記ブログ がんばるシニアへ
にほんブログ村

 

2020年7月10日 (金)

ポテサラ買います

雨、上がりませんね。

言いたくないけど、体調不良です。

そんな時は無理はしません。

ポテサラだって買っちゃいますよ。

材料を少しプラスしたら、手作り感出ますから(笑)

年を重ねて、悔しいことに少食になってきています。

初老の私たちにとって、小さいパックのお惣菜は本当に助かります。

食べきりサイズ、無駄になりませんからね。

買い物帰りにぶらっとお散歩。

P71002181

遠くに行けない時は近くの公園で。穴場です。

P71002151

 

 

 

 

 

 

 

 

2020年5月26日 (火)

安心はまだ早い?

ハチの巣問題、解決しました。

ちょっと失敗して、きれいに取ることはできませんでしたが、

これで一安心です。

戻ってこないことを祈ります。

Img_1759

一安心したところで、久しぶりにドライブに出かけました。

友人の情報で、営業自粛で困っているお店がセールをしていると聞き早速GO!

その後、これまた友人お勧めの、評判の焼うどんを頂くことに。

喫茶店と聞いていたのですが、

店内に一歩入ると、むせ返るようなソースの酸っぱい匂いに包まれます。

ほぼ100%の方が焼うどんを注文(我が連れはカレーを注文)

Img_1762

まぁ、ふっといです!

Img_1763

日頃早食いの私ですが、これは手強かった。

鉄板で焼かれておこげの様になったおうどんが美味しかったです。

人気のお店らしく、地元と思われる元気なマダム達で大盛況でした。

心置きなく、話に花が咲かせられるようになるまでは、

もう少し、外食は自粛した方が良いかなと感じたランチでした。

喋るなって言われてもねぇ、、(;´Д`)

安心するのはまだ早い?

 

 

 

 

 

2019年9月24日 (火)

栃木県 出流山満願寺

坂東三十三観音 第十七番札所 真言宗智山派

「出流山 満願寺」へ。

Dsc_99681

案内人は、頼もしくも優しきA子さま。

秋海棠で有名な場所ですが、私は初見参。

この川の両側に、ぎっしりと咲く秋海棠が見事だそうです。

Dsc_9935

今回は、ちょっと時期がずれてしまいましたが、

満開時はさぞかし見事なことでしょうね。

Dsc_9937

本堂でお参りを済ませて、奥の院まで約1.5kmの山道を歩きます。

石がごろごろで歩きにくく、何度か挫けそうになりながらも、

素晴らしいものが見られるという言葉を信じて頑張りました。

滝行が出来る大悲の滝に到着。見上げた先には、奥の院が\(^o^)/

冷たい水で涼を取り一息入れて、

Dsc_99521

急な階段を百余段、最後の力を振り絞って登ります。

Dsc_99571

待っていた素晴らしい景色とは、

鍾乳洞に、鍾乳石で自然にできた「十一面観音菩薩」の後姿が!!!

子授け、子育ての観音様だそうです。

Dsc_99591

頑張った甲斐があったねと、パワーを頂いて元気に下山しました。

ここは、お蕎麦も有名です。

沢山有るお店の中から、こちらで、

Dsc_3665

散々迷って、季節のお蕎麦「柚子蕎麦」と天ぷらの盛り合わせを注文。

柚子の香りにお蕎麦が負けたと言う、ちょっと残念な結果になりましたが、

勿論美味しく頂きました。

Dsc_3662

運転と案内をしてくれた友人に感謝の、小さな旅・栃木編でした。

 

2019年8月30日 (金)

日光天然氷で

カキ氷、、その名も「埋蔵金時」!!!

テレビで観たら食べたくて食べたくて、

日光「金谷ホテル」までドライブ。

Img_20190826_215357_842

順番が来るまで、しばし館内散策。

P8260495

程なくして名前を呼ばれました。

Dsc_3603

名物カレーの美味しそうな香りが充満する中、迷わず「カキ氷」を注文。

Dsc_3600

黒蜜とミルクは自分の好みで。たっぷりかけましょ。

ふわっふわの氷の中から、甘すぎない上品なお味の金時が出現。

これが埋蔵金時!金箔もたっぷりかかってましたよ。

ランチをした直後だったので、全部頂けるのか不安でしたが、

キレイに完食致しました。なんなら、お代わりしたいくらいでした。

「昭和の香りメロンソーダ」にも、天然氷が使われていました。

さすが、金谷ホテル、大人な味。

Dsc_3598

ラウンジの隣には、バーもあり5時からの営業なので、中を覗いていると(^_^;)

親切にも、中に招いて案内してくださいました。

Dsc_3605

火の灯った暖炉の前で、グラスを傾けながら夜を過ごす。

まぁ、なんてロマンチックなんでしょう。

と、飲めない私は夢想するばかりです。

あ、ノンアルコールと言う手もあったっけ(笑)

次回はぜひ、宿泊で。

 

 

 

 

 

 

 

 

2019年7月16日 (火)

FISH & CHIPS

イギリス人のミスターMから「FISH&CHIPS」を食べたことが有るかと聞かれたのですが、

イギリスと言えば、スペインからの乗り継ぎ便が、濃霧のため遅れに遅れ、

空港内が大変なことになり、帰国は翌日と決定。

旅行会社のパンフレットに人気のだったか?何だったかで大きく顔写真が載った添乗員の無能さに、ツアー客一同、腹を立てるばかりでした。

スーツケースは降ろしてもらうことはできないので、手荷物だけでホテルへと向かい、

大きなTシャツが入ったお泊りセット?のような物は頂きましたが、

帰国とは言え、手荷物には、必ず一泊分の着替えを入れておかなければならないと学習しました。

空港では、もう要らないと言うほど、サンドウィッチが配られましたっけ。

Dscf2391

そんなイギリス体験でしたので、fish & chips を頂く余裕も時間もありませんでした。

すると、ここは本場の味だから行ってみてと、教えてくれたのがMALINS 六本木店。

ミッドタウンに所用で行くついでに寄ってみました。

Dsc_3468

店員さんも感じが良し。

タラと鯛を、ミスターMのお勧めmushy peas(緑豆)のソースでいただきました。

カラッと軽くて、ソースも優しい味、思っていた以上のお味で満足。

Dsc_3476

ただ、若干、お値段高めがねぇ。。

イギリスに行ったら(行けるのか?)新聞紙で包んだの食べたいな(^_^;)

Dsc_3475

 

2017年9月 6日 (水)

お蕎麦はツルツルッと。。

とあるお蕎麦屋さんで見かけた張り紙。

Dsc_2039_3

昨今は、音を立てて麺類を食べるのはマナー違反、、

と、考える方も居るとか居ないとか?

ここは、ツルツルツルツルっと食べましょうよ。
Dsc_2036

肌寒い日だというのに、更にクーラーで冷えた店内。
思わず、温かいお蕎麦を注文してしまいました。

あ~、失敗したぁ




2016年3月24日 (木)

飛鳥Ⅱから

飛鳥Ⅱ


下から眺め、


Dsc_2616_2_2


あっちから眺め、


Dsc_2639_2_2


飽きずに眺めて日が暮れる。


Dsc_2668_2



・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆


気が付けば、お腹の虫が騒がしい。

大桟橋に行く前に、開店をチェックしておいた

,


「ザ・ラーメン屋」さんへ向かいます。


ご主人の都合で、お休みは不定休、閉店時間も変更あり。

行ったら閉まってた、、なんて事もあるので確認必須。


さて、数あるメニューの中から、

「ラーメンと半チャーハンセット」と「ワンタンメン」を注文。


はい、どちらも正解!!

懐かしい味、私好み、美味しくいただきました。


Dscf2980_2

   

いやぁ、開いてて良かった。


Dscf2978
   








2016年1月31日 (日)

入ってみなけりゃわからない

北鎌倉駅前。

満員で入れなかった中華屋さん。
気になって気になって、、日を変え再訪。
お昼には少し早い時間だったためか、すんなり入店できました。



Img_20160123_140416

入ってびっくり。
幅の狭いテーブル3卓とカウンターのみの小さなお店。
厨房には、コックコートを着た若い料理人さん。
見た目の中華屋さんらしからぬ静かな雰囲気に少し戸惑いつつ、
壁に貼られたメニューからタンメンと餃子を注文。
運ばれてきたタンメンにまたビックリ。
寡黙なシェフ?に気圧されて写真を撮れなかったのは残念でしたが、
澄んだスープの綺麗な事!!
黄色い太麺で、具材は野菜のみで肉は入っていないけれど、
あっさりとした味で、普段、スープは半分ほどしか飲み干せない私が、ほぼ完食。
餃子も、野菜多めで私好み。
また一つ、お気に入りのお店ができました。


東慶寺で、

Dsc_1687



Dsc_1676









2014年9月 2日 (火)

お昼ご飯

一本道を間違えて入り込んだ住宅街にありました。

Nec_0483_2

面倒なお店だったらいやだなと思いつつ、ピンポ~ン

Nec_0481_3当日は「とわり(十割)そばのみ」で、
一番のお勧めが「鴨蕎麦」とのこと。
鴨好きですから、、当然こちらを。
Nec_0480_2
運ばれてきたお蕎麦を見て、
思わず「少なっ!」と叫びました。(心の中で

先ずは、何も付けずに。。と言うアドバイスに従い一口つるる。
「どうです?美味しいでしょ?」
「来月になったらもっと美味しいですよ」
他に客のいない店内で、少々緊張しながらつるつる致しました。

氷でキリリと絞められたお蕎麦は腰が有って美味しかったけど、
2200円は観光客価格?
「またお越しください」と送り出されましたが、
多分、伺うことはないかもしれません。

日にちが変わって、とある田舎のとあるダムで、
青空眺め、風に吹かれて頂いたコンビニのおにぎりの美味しかったこと。
Dscf0213

ま、どこで何を頂いても幸せな気持ちに変わりはない、ただの食いしん坊ですが。


より以前の記事一覧