2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

グルメ・クッキング

2020年2月 2日 (日)

オホーツク 最北巡り

2日目、

出塚水産さんで、出来立ての熱々名物カニマヨボールを頂きながら海を眺めていると、

オジロワシやアザラシを発見して、大騒ぎ。

Dsc_09621_20200202164901

アシカではありません、、アザラシです(^_^;)

Dsc_09721

本日の日本最北、最初は、ラムサール条約指定地クッチャロ湖。

白鳥が飛来しているいるそうですが、生憎と餌を購入できる売店がお休み。

と、言う事で出来るバスガイドさんが、白鳥さんに必死の呼びかけ。

来ましたよ、次から次へと。

Dsc_09911

折角来てくれたのに、餌が無くてごめんなさい。。

Dsc_10061

次の日本最北は「猿払村」

ホタテの漁獲高日本一の村でもあり、

道中、ホタテ御殿を眺め、閉じられた車庫の奥にあるスーパーカーを想像してみたり(笑)

そんな村で美味しいホタテを頂きました。

Img_0780

最後の日本最北は、本土最北のバス停や自動販売機もある宗谷岬。

Img_0788

気温はマイナス1.5度ほどでしたが、体感温度が低い。

Dsc_10391

宮司が常駐していない神社としては日本最北の宗谷岬神社ですが、

初詣も済んでいないのに、寒さに負けて、遠くから眺めて終わり。

Dsc_10441

転ばないように歩いて疲れた体を温泉で解し、夕食はお待ちかねの毛ガニ。

Kegani

タラバガニは毛ガニの下に隠れてました。

夕食後、毛ガニと格闘して無口だったツアー仲間と暖炉の前でおしゃべり。

愉快な女性と出会えて、楽しい一夜となりました。

Img_0797

これにて、2日目終了です。

 

 

 

 

2020年1月29日 (水)

オホーツク カニカニの旅 

かの国の方たちで賑わう前に北海道オホーツクへ行ってきました。

一日一便の紋別空港へ到着。

Dsc_0003-2

2泊3日の「三大ガニ食べ比べ旅」です。

高さ12M、幅6M、重さ7トン。巨大オブジェ。

天ぷらにしたら何人分?

34bd0c1bd91743c48368422cf8a3910f

先ずはランチ。これからのことを考えて、軽めの丼をチョイスしました。

2307b8eef4fb47a0a42c5a989ad2fce8

連れはちょい豪華。

Img_0735

オホーツクとっかりセンターで、

アザラシの餌付けを見学したあと、ザラザラお肌にもタッチして、

Img_0742

オプションはパスして、ツルツル美肌になる温泉へ直行しました。

紋別港付近をカメラ片手に少し散歩してみました。

Img_0749

海も凍ってます。

Dsc_0906

体感温度はかなり低い。

すっかり冷えた体を、温泉で温めツルツルになったら、お待ちかねのカニ御膳。

一日目はズワイガニのフルコース。

Da580b1a1ec3472592c24564388ca407

カニを相手に四苦八苦。

何より、ビールが美味しかった。

お茶漬けが最高だったカニ釜飯、二膳しか食べられず、

Img_0755

小食になってしまった自分が恨めしい。

とは言え、ミルクアイスクリームはお代り(笑)

Img_0756

満腹旅、一日目終了です。

 

 

 

 

 

 

2019年11月21日 (木)

郵便局にて

振込手続きをするために、ゆうちょに行ってきました。

賢い主婦なので(^_^;)手数料の安いATMから振り込もうと算段しましたが、

慣れない事なので、まずは窓口の方に質問すると、

あれやこれやと、ご親切に手続きをしてくださいまして、

準備が整ったところで、ATMに向かいました。

Img_0082

振込用紙を読み込ませることから始めますが、

あれ?用紙が入らないぞ??どうして??

再び、窓口に。

すると、親切にも一緒に操作をして下さると言う。有難し。

おばさんはしょうがないなぁ、、なんて顔は一つもなさらず始終にこやかに。

入らない訳です。用紙を入れる場所を間違えていたのですから(/ω\)

Img_0083

するすると用紙を飲み込んだあとは、金額を打ち込むだけ。

名前や、振込先や、住所等々、すっかり綺麗に読み込んでくれるんですね。

振り込め詐欺等の心配もあるのでしょうが、こんなに便利になっているなんて。

これって、今では普通の事ですか?

「凄い凄い、有難うございました」と連呼して、郵便局を後にしました。

Img_0086

 

柚子に、柿に、干し柿、、美味しいものも頂戴して良い一日でした。

 

 

 

 

2019年11月11日 (月)

11月11日 今日は何の日?

11月11日の記念日。「落花生の日」

全国落花生協会が1985年(昭和60年)に制定。

と言う事で、プランター農家も、今年2回目の収穫をします。

2株でこの程度。昨年に比べると量は少なめです。

しばらく乾燥させてから、頂くことにします。

Img_0020

もう一つ収穫しました。

里芋です。ただいま絶賛乾燥中。

Img0003

けんちん汁にする予定。楽しみです。

 

 

2019年10月21日 (月)

こぼけトリオ、大歩危を行く

あの池田高校がある阿波池田駅近くのバスターミナル駅から、

Dsc_0377_20191021175801

レトロなボンネットバスの定期観光バスに乗車します。(運賃は8500円〉

Dsc_019_20191021180101

山間を走ります。三大秘境とも言われる祖谷渓谷。

Dsc_0274_20191021185001

最初に訪れたのは「平家屋敷」

安徳帝の御典医だった堀川内記が祖谷に入山後、西岡の名主となったと言う屋敷を見学。

Dsc_0268_20191021180301

次は、「ホテルかずら橋・祖谷美人」にて昼食。

名物料理の「祖谷蕎麦」「アメゴ」「でこまわし」などを頂きます。

Dsc_3779_20191021175801

ホテル前に駐車していたボンネットバスは、他の観光客の興味を引いたようで、

展示と勘違いしてバスに乗り込んで来られる方も。まぁ、気持ちは分かる(笑)

Dsc_0278_20191021181001

さて、次はお待ちかね、日本三大奇橋の一つ「かずら橋」

大きな駐車場やお土産売り場も完備された観光地。イメージと違っていて驚きました。

駐車場から歩いていくと、見えてきました「かずら橋」

約800年前、平家一族が掛けたと言われる、

長さ45m、幅2m、川面からの高さ14m。横木と横木の間10㎝。

あれ?それほど怖くないかも??

Dsc_02821_20191021181301

なんて思ったら大間違いでしたよ!!

料金はバス代に含まれているので良く判りませんが、多分500円~600円?

相当怖いです。一方通行です。揺れます。筋肉痛になりそうです。

往復では心臓が持たなかったと思います。

Dsc_0293_20191021182201

こんなに大勢の人が渡って大丈夫なのかと心配になりますが、

野生のシラクチカズラで編まれた吊り橋は、

ワイヤーで補強されているようなので、多分大丈夫なのでしょう(^_^;)

Dsc_0292

(今回のコースには含まれていませんでしたが、

さらに奥にある「奥祖谷の二重かずら橋」は、秘境感に満ちているそうです。

人力ロープウェー「野猿」でも有名との事。かなり気になります。)

怖々渡り終えた先には、「琵琶の滝」があります。

落人たちが古都を偲んで滝の下で琵琶を奏でたと伝えられています。

Dsc_0303_20191021175701

マイナスイオンを浴びて、次行きます。

続きます

2019年10月16日 (水)

こぼけトリオの旅 その2

徳島と言えば「美味しいもの編」今年も期待が膨らみます。

到着後、案内してくれたのは素敵なこちらのお店。

農園直営ダイニング「アクリエ」さん。

Dsc_3713

農園直営とあって、お野菜が美味しい!見た目もお洒落!

Dsc_3711

メインは、迷わずお魚をチョイス。太刀魚です。

カリッでふわっ、私の選択大正解!!

Dsc_3708

と、大満足して、観光開始。

先ずは、「藍住町で藍染め体験 」

たで藍を発酵させて液を作るとか、独特の匂いがしました。

Dsc_3721

好きな模様を選んで、畳んで、液に一分漬け、空気に一分触れされるを3回繰り返し、

その後、洗って、アイロンをかけると出来上がり。

液に漬ける回数や時間で色の出具合が決まるようです。

私は、シルクのスカーフ(小)を染めましたが、淡い上品な色合いに仕上がりました。

とても似合うと自画自賛。これから大活躍しそうです。

Dsc_3719

次に向かったのは、第一番札所「竺和山 一乗院 霊山寺」

Dsc_3725

本堂の多数の灯籠と龍の天井画が美しい。

皆の幸せ祈ります。

Dsc_3731

こちらで身支度すべてそろえる事が出来るようでした。

Dsc_3722

Aこちゃんも御朱印を頂いた事なので、次に向かいます。

アジアで初めての第九全楽章演奏が行われたことなどを伝える「鳴門市ドイツ館

坂東の人々とドイツ兵俘虜の交流が紹介されています。

そう言えば、ドラマ(映画?)だったか、観た覚えがありました。

暗くなる前にホテルに到着しようと、一日目の観光はこれまで。

初日から、盛りだくさんでした。

今回の宿泊は 「グランドエクシブ鳴門」

山の上に建つホテルは、まるでヨーロッパに来たような雰囲気。

はい、テンション上がります。

 

 

 

 

 

 

 

2019年9月 8日 (日)

お寿司券で

毎年お年玉には現金の他に○○券を同封します。

お肉好きには「ステーキ券」

お寿司好きには「お寿司券」等々

食べ物には眼のない食いしん坊一族ですから。

夏休み最終週、券を行使したのは、

ウニを吐くほど食べたい、、と言った大の寿司好きとっきー様。

毎日でも良いと言うので、2日連続でお寿司屋さん巡り。

初日は、お気に入りのいつものご近所寿司屋さんで、いつも通りに美味しく頂き、

2日目は、巷で評判のお寿司屋さんへ。

お任せが人気のようですが、初めてのお店でしたので、

先ずは、お刺身4点盛りから、

Img_1394

握り1

Dsc_3620

握り2

Dsc_3619

追加で秋刀魚やらトロやらこはだやら赤貝やらアジやら、

デザートにメロンを頂いて終了。

Dsc_3622

大好物のウニは、

前日に行ったお寿司屋さんの方が好みだったそうで、追加は無し。

Dsc_3609

どれもこれも噂に違わずとても美味しく、大満足でした。

Img_1393

次は、ちゃんとお腹空かして行こうね(笑)

 


 

関東地方直撃の最強台風、、

大きな被害が出ませんように。

我が家は、カーポートの屋根が心配です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019年8月18日 (日)

美味しい桃の見分け方

好きな果物ベストスリーは、

「メロン」「桃」「梨」番外編で「ドラゴンフルーツ」

私にとって、今が最高に美味しい季節です。

それを知ってか知らずか、友人より嬉しい到来物(*´艸`*)

じゃ~~~ん、福島県の桃です。美しいです!!

Dsc_3569

ウェザーニュースの依る「美味しい桃の見分け方」は、

1、形   縫合線を中心に左右対称、縫合線があまり深くないもの。

2、香り  包装紙越しでもふんわりと香りが立つもの

3、色   全体が色付き赤みがはっきりして濃いもの

4、産毛  しかっりと生えしっとりと寝た感じになっているもの

形よし、色よし(実物はもっと赤いです)産毛よし。

言う事なし!!

友人の心遣いに感謝しながら、頂きます<m(__)m>

 

 

 

 

 

 

 

 

2019年5月12日 (日)

会えるのか、ワタシ?

ひょんなことから、

何年?いや、軽く10年以上は会っていなかった友人と連絡が取れました。

直ぐに「会いたいね、、会おう!」と言う事になりました。

弛みきった姿を引き締めるために、少しだけ時間が必要と猶予をもらいましたが、

友人から「そんなに時間はかかりませんよ!」とプレッシャーが💦💦

よっしゃー!負けないわよ。。と思ったのも束の間、、

午後の9時過ぎに、太麺の野菜たっぷり味噌ラーメン、餃子付き、

Dsc_3298

ある日には、午後8時過ぎ、五穀米のタコリゾット。デザート付。

Dsc_3300

又又ある時は、所用で茨城県東海村を訪れた際、

足を延ばして、日立おさかなセンターで、味勝手丼なるものを。

選び放題です、あれもこれもと手を伸ばしてしまいました。

Dsc_3295

罪悪感でいっぱいの私に、月一エステのエステティシャンさんが、

少しでも役に立てばと、こんなものを用意してくれました。

Dsc_3301

果たして、友人に会える日は来るのだろうか??

 

 

 

2019年5月 3日 (金)

藤の花と

5月3日、

テレビ三昧の日々にも飽きて、久しぶりにカメラご近所散歩。

やっぱりこの時期は藤でしょう。

P50302201

花言葉は「優しさ、歓迎、決して離れない・・・」等々

P50301821

華やかな香りに、歓迎されているように感じます。

その香りには「抗酸化効果」があるそうですよ。

そんなことなら、もっと匂いを嗅いでくれば良かった(笑)

P50301921

あまりの暑さに、ミニストップにソフトクリーム寄り道。

「白桃」と「バニラ」共に令和記念で50円引き\(^o^)/

Dsc_3287

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ポチッとよろしく!

より以前の記事一覧