旅行・地域

2017年5月15日 (月)

起きました。

日の出時刻は4時34分。

4時過ぎには既に明るんできましたが、雲が
cloud

Dsc_7650
大津漁港方面からは、漁船が続々と出動していきます。

ダメかも、、、と諦めかけたら、雲の中からひょっこり。


Dsc_7653_2


Dsc_7657


Dsc_7682 

Dsc_7697

頑張って早起きした甲斐がありました。


良い一日になりそうです。


さぁて、朝風呂、朝風呂happy01














2017年5月13日 (土)

筋肉温泉

ドラマ「ひよっこ」面白いですねぇ。

毎朝、涙してます
coldsweats01

舞台の北茨城に関する面白CM見つけました。


その名も「筋肉温泉」??
coldsweats01





決して筋肉に興味があると言う訳ではありませんけれど、

当日の朝、すんなりネット予約完了。

こりゃぁ、行くしかないべ!!

問題の天空風呂ですが、

時間により男女入れ替え制でしたので、

二つ島が目の前の素敵なお部屋でのんびりする間もなく、

お夕飯前に一度目の入浴。独り占め。

二回目は、月明かりの中で、またまた独り占め。なんて贅沢なのんでしょ。

効能は、筋肉痛、神経痛 五十肩 冷え性 などでしたが、
お肌までつるんつるんの美人肌になったような気がした温泉でした。
バンザイ 筋肉温泉spa


お部屋から朝日も見えますって。

4時30分。

起きますよ!!




2017年5月 3日 (水)

梅だけではありません

つつじ祭り開催中です。

Dsc_7399

ひたち海浜公園には遠く及びませんが、ネモフィラも花盛り。

Dsc_73721


何より目を惹いたのが見事な松。

Dsc_7389
梅ばかりではない偕楽園なのでした。

追記。NYのセントラルパークに次いで、世界第二位の広さを誇る都市公園。

    それが偕楽園なのですよ。びっくりです(@_@)

    入園料無料も嬉しいですよね。



餡を求肥でくるみ梅酢に漬け込んだシソの葉で包んだ甘~~い「水戸の梅」に

果たしてメロンサイダーは合うのか?

意外や意外、、、でしたよ。(笑)

Dsc_1797_2


おまけに、、流し撮り~~
coldsweats01

Dsc_7393_2






2017年4月23日 (日)

県立大磯城山公園

吾妻山公園から「県立城山公園」へ向かいます。

先ずは「旧吉田茂邸」へ。


Dsc_7090


2009年に焼失してしまった本邸が復元され、

4月から一般公開と知り、行ってきました。

焼失を免れた兜門から入り、池泉回遊式庭園と呼ばれる日本庭園、

七賢堂と廻り、館内へ。(館内見学のみ観覧料500円)

当時に思いを巡らせながらの観覧となりました。

Dsc_70941



吉田邸を後にして、旧三井別邸地区へ向かいます。

が、ここで力尽き、休憩だけとします。

公園案内図にあった茶室「城山庵」へ。

Dsc_7178

客が私達だけになった時、係りの方から、茶室の説明がありました。

「城山庵」とは国宝「如庵」を模して造られたもので、

織田有楽斎(織田信長の弟)によって建造されたこと。

名古屋の電車会社が購入し犬山市に移築されたこと、

如庵とは、有楽斎のクリスチャンネームJoanから来ていること、

篠竹を打ち詰めた「有楽窓」などが有名なこと、

茶室が武家に愛された理由など、沢山のことを教えて頂きました。

本物ではないので、写真も撮り放題、障子も窓も明け放題だと言われ、

時間を忘れて夢中になってしまいました。

国宝「如庵」は普段は公開されていないそうです。


Dsc_71321

Dsc_71511


閉園時間も過ぎ、危うくバスにも乗り遅れるところでした。

熱心に説明してくださった係の方に感謝です。

次は、サイダーじゃなくて、お抹茶いただきます。

Dsc_1790






2017年4月21日 (金)

吾妻山公園

二宮町の「吾妻山公園」に行ってきました。

公園とは言え、強敵の階段300段を上り、更に登り、

すれ違う方々に「もう少し」「頑張って」と励まされながら、

一息ついてはまた登り、、到着。

標高 1362メートル!!!

軽い登山で、息が上がりましたが、目の前に広がる光景に疲れも吹き飛びました。

Dsc_17851

富士山は、春霞がかかりうっすらとしか見えませんでしたが、存在感は充分。

さすがに、菜の花は刈り取られていましたが、サクラは御覧の通り
cherryblossom

おにぎりと漬け物を頬張り、しばし休憩。

Dsc_7067


Dsc_7047_2

帰りは心も体も軽やかにスイスイと膝が笑う事もなく下ることができました。


あぁ、翌日の筋肉痛は、半端なかったですよ
crying











2017年3月 8日 (水)

下館ぶらり旅・高橋まゆみ人形展 

茨城県下館(現・筑西市)に詳しい友人Mさんの案内で、

「高橋まゆみ人形展」に行ってきました。

Dscf3626

時代も環境も違いましたが、

「おかえりなさい 故郷へ」というタイトル通り、

どこか懐かしく、笑ったり、きゅんとしたり、亡き母を思い出し、切なくなったり。。

一点一点の物語を楽しんだ素敵な人形展でした。



   ★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜


「しもだて美術館」

ガラス窓が印象的な素敵な美術館です。


Dscf3617

ドラマの撮影などにも利用されているようでした。


Dscf3616


ランチは、隠れ家のようなカフェで「ボルシチ」を。

ロシアで頂いたものとは違いましたが、

ビーフシチューのようで、美味しかったです。



Dscf3612

2017年2月23日 (木)

ニュースパークで

ニュースパーク(日本新聞博物館)で、


「2016年 報道写真展」を観てきました。


Img_20170223_201120

2016年を振り返る約300点の写真です。

見応えのある写真展でした。

そして、

こんな事にも挑戦。

Dsc_17171


自分だけの新聞作り。

名前、住所、コメント(任意)を入力したら、

事前に撮影して頂いた写真を取り込み完成。

Img_20170223_201050


ニュースパーク、リニューアルを記念して、

2011年から5年後の3月11日の

新聞協会加盟の全国の朝刊が一堂に展示されていたり、


Dsc_1719

館内もぶらり見学したり、

Dsc_1720


Dsc_1721


Dsc_1723



「記者が集まるパリのカフェ」をイメージしたと言う、

ミュージアムカフェも気になります。

休日は穴場かもしれませんね。

ここは入館料も必要ありませんし(笑)




2017年1月25日 (水)

神磯の鳥居

大洗磯崎神社の神磯の鳥居は、


朝日の撮影ポイントとしても有名ですが、


早起きが苦手のワタシは、


お月様と一緒に撮影したいと目論んでいました。


しかしながら、宿泊した当日は雨。


ならば、大洗に宿泊したのだから、朝日を撮る?


日の出の時間はチェックしました。


6時48分。


そんなに早い時間じゃありませんでしたが、


車で数分の移動が面倒になりまして、


撮影はあっさり諦めました。


どんだけヘタレなんでしょ(笑)





「あらいその岩にくだけて散る月を


      一つになして かへる月かな」



と、徳川光圀公も詠まれていることですし、



次回は、お月様と鳥居のツーショットを拝みたいものです。



Dsc_52371

2017年1月23日 (月)

美味しんぼの旅 2

かんぽの宿 大洗。


太平洋と那珂川が一望できる部屋には、大きなお風呂が。


かんぽの宿、、ですが、、


テンション上がりました。



Dscf3596



そして、お待ちかねの夕食です。

お誕生月だったので、ワインのサービスがありました。

山のように盛られた常陸牛のカルパッチョには、いささか驚きましたが、

かんぽの宿らしい(しつこくてすみません)お料理に、

満足のアンコウ尽くしの夕餉でした。

茨城らしく、デザートはメロン。

時季外れなので、少々甘みに欠けたのは残念でしたが。


Dscf3595



今回の旅で印象的だったのは、


スタッフの対応がとても良かったこと。


気持ちの良い旅となりました。



「お得です」の言葉に釣られて会員になってしまいました。



どこか行かなきゃcoldsweats01

2017年1月21日 (土)

美味しんぼの旅

みぞれ交じりの雨の中


行ってきました、茨城県大洗町。


その前に、


27年5月に「ラムサール条約湿地」に登録された「涸沼」へ。


関東唯一の汽水湖で、「ヤマトシジミ」や「鰻」などの生物が生息。


オオワシも毎年越冬しているそうです。


できることなら、シジミ漁の写真を撮ったり、


日本三大シジミ(宍道湖・十三湖・涸沼)の肉厚で大きなヤマトシジミを味わいたい。


ところでしたが、船の姿は見当たらず写真は断念。



Dsc_4987



なれば、もう一つの目的「シジミを味わう」   


「いこいの村涸沼」に立ち寄りました。


定食のお味噌汁だけでは物足らず、お味噌汁だけ追加注文。


旨し!!満足!!


Dscf3566



雨の中では散歩もままならず、宿へと向かいました。


かんぽの宿「大洗」


なんとなんと、今回は特別室を予約。


かんぽの宿と侮るなかれ!!ですよ。(詳細は次回)


景色を眺めたり、お風呂に入ったり、夕食を待ちます。



Dsc_5013



あんこう贅沢御膳ですよ。アワビも追加しちゃいましたよ。

Dscf3586

期待が膨らみます。
 

より以前の記事一覧

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ