2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

旅行・地域

2019年6月23日 (日)

会津絵ろうそく

およそ500年前、

漆器の製造と共に、漆樹の実から蝋を採取しろうそくが作られたのが始まり、

江戸時代までは、神社への奉納や上流階級の人の結婚式など、特別な日に用いた貴重品で、

結婚式には一対の絵ろうそくを灯したので「華燭の典」なる言葉が生まれたとされる。

(会津絵ろうそく本舗 山田商店さん 参照)

そんな、手作り手書きの美しい絵ろうそくを頂きました。

優しい香りもします。

Dsc_3425

どんな光を見せてくれるのでしょう。

お仏壇に供えさせて頂きます。<m(__)m>

 

 

 

 

2019年6月17日 (月)

フラメンコショー

お試し一か月で挫折した過去を持つくせに、フラメンコ好きな私に、

友人の友人が出演するフラメンコ教室の発表会のチケットが回ってきましたので、行ってまいりました。

「あ~、頑張ってるのは良く判った!」と、

お試し一か月で挫折したくせに(大事なので2度言いました)何故か上から目線の失礼な私でしたが、

最後に登場したプロの演技に、満足の夜なのでした。

フラメンコと言えば、

スペイン旅行の際、

グラナダの洞窟フラメンコのタブラオ「ロス タラントス」へ行きました。

Dscf21601

男性ダンサーの汗がかかるほどの近い場所での鑑賞は迫力満点。

女性も、年配女性の方が魅力的だったり、

Dscf214912

ギターも歌も格好良くて、大興奮のショータイムでした。

Dscf2155

そうそう、手拍子はするなと言われた事を思い出しました。

リズムが狂うって(^_^;)

確かに。。

 

次のスペイン旅行のために、もう一度習っちゃう?なぁんて思ったことは内緒です。

 

 

 

 

 

 

2019年6月10日 (月)

京都の旅・最終日

あっという間に最終日。

恋に無縁の女が4人、向かったのは大原三千院。

「俺、三千院、超好き」とバスに乗り合わせた若者も言ってましたっけ。

結構な坂道です。

P5290356

昨日(雨)じゃなくて良かったねぇ、、転んだら大変だものね。

P529035823

帰りのバスの時刻を気にしながら、拝観しましょ。

P52903831

雨の翌日だったので、緑も苔も生き生きしてました。

可愛い童地蔵さん。

P52903731

可愛らしいですねぇ。望遠レンズが欲しかった、、

P52903732

御朱印は5つ頂けるようです。

駆け足で回った三千院、本場のしば漬けも味見したり、買ったり、、

ホテルに戻って、軽い昼食を頂いて京都駅へ。

一度見たかった駅にテンション上げて、帰路につきました。

P52903911

楽しい時間はあっという間に過ぎるものですね。

ラッシュ時に重ならないようにと、帰りの時間を早めたのは失敗でした。

また次が有ることを信じて、解散!

楽しい旅をありがとう。

 

 

 

2019年6月 7日 (金)

京都の旅・南禅寺から

2日目は、予報通りの雨模様でした。

あまり無理せず歩けるところまで、とゆるい作戦会議後、

バスと地下鉄が乗り放題の一日券を使い観光に出発です。

Dsc_3410

先ず向かったところは、南禅寺。

P5280289

天下竜門と号し、上層の楼を五鳳楼と言われる三門(日本三大門)

P52803071

高さ22メートル、急な階段を、息を切らして登りました。

回廊でしばし休憩。雨に濡れた緑が美しい。

「絶景かな、絶景かな」by石川五右衛門

P52802982

法堂でお参りを済ませ、南禅寺と言えばここでしょう??と言う場所へ

琵琶湖の湖水を京都市内に引くために建てられた「水路格」

P52803141

おや?沢口靖子?片平なぎさ?はたまた・・・

P52803201

しばし遊んで、御朱印を頂いて、お昼ご飯の時間となりましたので、

南禅寺に来たら、行っとかないと。。湯豆腐を頂きました。

P5280333

水路閣繫がりで、蹴上インクラインを歩いて、
       詳しくは↑をご参照ください<m(__)m>

P5280334  

南禅寺に向かう途中「ねじりまんぽ」と書かれたトンネルを抜けて行きます。

ねじれたまんぽ(トンネル)と言う意味らしいです。

P5280338

説明書がありました。私の下手な説明よりも読んでいただいた方が(^_^;)

P5280339

雨も止みそうにないので、傘を差さずに歩ける錦市場へれっつごー。

人人人で溢れかえってました。

美味しそうな匂いや、美味しそうなお魚やら、美味しそうなお惣菜やら、美味しそうな・・

P5280342

錦天満宮を横目で、

P52803451

次は祇園へ。

9割方、外国の方々だったように見えました。

しかも、雨の中、着物を着て撮影に余念がなく、

イメージしていた祇園とは違って、ちょっと当てが外れたのは残念でした。

P52803472

ホテルに戻る時間を考えて、八坂神社までは行けないと判断して、

京都最古の禅寺「建仁寺」に立ち寄り、堂々とした法堂を外から眺めて、

 

P52803521


温泉と美味しいお料理が待つホテルへ帰りました。

今宵はイタリアン!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ポチッとよろしく!

2019年6月 3日 (月)

そうだった、京都へ行ってきました その2

京都駅で落ち合い、地下鉄に乗って宿泊地へ向かいます。

ホテルにテンションが大いに上がりました。素敵💛

Dsc_3392_1

初日は、近くの瑠璃光院へ向かいます。

有名なんですね、、恥ずかしながら、勉強不足で知りませんでした。

拝観料は2千円とチョイお高め、とは思いましたが、

春と秋の時季のみの公開とあれば、納得です。

撮影スポットのようです。譲り合いながら順番に。

平日で、人出もそれほど多くなかったのはラッキーでした。

P52702461

こんな素敵な写真が撮れるんですよ。って、皆さんはご存知なんでしょうね(^_^;)

Dsc_3406

黒いテーブルや、磨き込まれた廊下に映り込んだ青もみじに萌えました。

秋もさぞかし美しいのだろうなと想像しながら📷

P52702421

人生初の写経もしました。ボールペンなので気楽に。

Dsc_3328

願い事は沢山書きましたが、心洗われた様な気がしました(笑)

御朱印が置いてありましたので、初御朱印頂きました。自分で印を押し、日付を記入します。

隅々まで堪能し、瑠璃光院の入場券で入館できる「ルイ イカール美術館」に寄り道、

アールデコ時代を代表するフランスの画家だそうです。

しばし、優雅な時間を過ごし、ホテルに戻ります。

途中、素敵な駅もありました。

比叡電車 八瀬駅

P52702791

フォトジェニックな電車が停車中でした。

P52702832

観光列車「比叡」。可愛らしいです。

P5270281


こうして、ゆったりだけど賑やかな旅が始まりました。

 

 

 

ポチッとよろしく!

2019年4月23日 (火)

スカイウォーク再開とクィーンエリザベス

大黒ふ頭客船ターミナルのオープンに併せて、

9年振りに再開と言うスカイウォークに行ってきました。

港には、3年振りと言うクィーンエリザベス(9万901トン)が入港中。

遠目から見ても、その大きさは迫力満点。

Dsc_8586

先ずは、スカイウォークに行きましょ。無料です。

ここへ行きます。

Dsc_86931

若干の車の揺れと潮風を感じながら、

片道320メートルのスカイプロムナードをどんどん歩きます。


Dsc_8595

スカイラウンジ到着。

Dsc_8610

いつもの景色を反対方向から見るのも新鮮です。

大さん橋からダイヤモンドプリンセスが5時に出港するのを待ちます。

Dsc_8651

ベイブリッジ通過しました。

Dsc_8661

見送った後、クィーンエリザベスの6時の出港を待ちます。

タグボートも到着した模様なので、

近くでお見送りしようと、ふ頭まで行ってみましたが、

ツアー見学者以外、途中までしか入ることはできませんでした。

(大黒ふ頭客船見学会ツアー)

Dsc_8705

大きな汽笛とともに出港して行ったクィーンエリザベスを見て、

一度は経験したいクルーズ熱、、再燃。。か?(^_^;)

Dsc_8710

 

 

 

 

 

 

 

 

ポチッとよろしく!

2019年3月15日 (金)

ポルトガルの旅 食編

長すぎた旅行記事も食編で終了とします。

ANA ビジネスクラスのお食事最高でした(成田発便)
全て完食、デザートは選びきれずに2つも頂きましたし、
お夜食には、飲み物だけのつもりが、一風堂のラーメンまで完食。

Dsc_2933ana
イワシと干しダラ(バカリャウ)のコロッケとパスティシュ・デ・ナタ(エッグタルト)とか、

Dsc_29481221r

豚肉とアサリのアテレージョや、緑のワインとか、

Dsc_2975batalha
(緑=若いという意味のスパークリングなワインでした)
Dsc_2972
何度もバカリャウだったり、

Dsc_3057lisboa

帰国便はチョイスを間違えて後悔したけど、

Dsc_3078ana2
スターウォーズ便にも乗れたし、

Img_1006_2

15年越えのスーツケースが傷だらけになって新調待ったなしですが、

Dsc_3086

良い旅だったなと、未だに思い出に耽っています。

スーツケース新調したら、どこか行かないといけない。

と、ツアー仲間が仰ってました

次どこ行く?


2019年3月 6日 (水)

リスボン

フリータイム。リスボン歩きます。

Dsc_3178 ケーブルカーやメトロ、エレベーターなどに乗るために便利な、一日乗り放題のプリペイドカードを購入するのに、てんやわんやの大騒ぎ。
あたふたするおばさん達に、見かねて手を貸してくださったのは、リスボン在住と思われる、若い日本人女性。本当に助かりました。
24時間乗り放題で6ユーロちょっと。
さて、どれくらい乗ることができるのか?

目的は、映画などの撮影でも使われるビカのケーブルカーに乗りたい!
それには、大行列必須の「100歳越えのレトロなエレベーター」に乗るか、
(サンタ ジェスタのエレベーター、高さ45Mの巨大鉄塔)   
Dsc_6784
展望台行きのケーブルカー(グロリア)に乗り時間を稼ぐか?ですが、
並ぶのも楽しいじゃないと言う事で、ご一緒した御夫婦とおしゃべりを楽しみながら約一時間並びました。日本的に仕事をしたらもっとスムーズだろうなとは思いましたが。ここは異国ですから、これもまた旅の面白さ。

丘の上からの景色を眺め、ビカのケーブルカーを目指します。
Dsc_7391

帰りに乗るつもりのトラム
Dsc_7403

ケーブルカー。(左のはグロリア、右がビカのケーブルブルカー)
Dsc_6720

落書き、凄いです。外から中から書かれ放題。
帰国後知った事ですが、時々落書きを落とす作業のために、運休になることが有るとか。
乗ることができてラッキーだったのかも。
ケーブルカーと線路を激写中の若者にモデルにお願いしてみましたならば。。
Dsc_7419
絵を売っていた綺麗なお嬢さん。お写真OK頂きました。
Dsc_7400

帰りは、結局トラムには乗らずに坂道をひたすら下りましたが、
これもまた楽しくて正解だったと思います。

「サン ペドロアルカンタラ展望台」から
Dsc_67231

ロシオ広場 フィゲイラ広場をウロウロ。
Dsc_67582

イルミネーションも美しく、、
Dsc_67381
旅の初めの2日間は、ただひたすら忙しくて少し疲れましたが、
後半になるにつれ、もっともっと時間が欲しいと感じたポルトガルの旅。
機会が有ったらまた訪れたい国になりました。

長々と綴りましたが、次回「食」で締めて終わリといたします













2019年2月26日 (火)

ポルト

「赤玉ポートワイン」

覚えてらっしゃいますでしょうか?懐かしい?聞いたこともない?
私は記憶の片隅にうっすらと。。
しかし、ポルトガルの抗議に依り、ポート(ポルトの英語読み)ワインの名前が使えなくなり「赤玉スイートワイン」と名を変えたそうです。。
今でもあるのでしょうか?

本物のポルトワインは、甘いデザートワインだと聞いていましたが、
一口頂いた感想は、それほど甘くはなく、案外飲みやすいと感じました。
ドロウ川南岸には、約60軒ものセラーがあり、試飲などもできる様でしたが、
滞在時間が短くて訪ねることはできませんでした。
Dsc_3089_5
修道院跡地に建てられて「サン ベント駅」
構内の壁を彩る約2万枚のアズレージョは見応えあり。
Dsc_71641

ドロウ川にかかる「ドン ルイス 一世橋」を歩いたり、
Dsc_7207

町を散策したり、
Dsc_7274

カテドラルやらサンフランシスコ教会やらボルサ宮を見学したり、
美味しいタコのリゾットをお代わりしたり、
Dsc_6720porto
あっという間のポルト観光でした。

ポルトに泊まりたかったなぁ。。




2019年2月21日 (木)

ポサーダに泊まる

ポサーダとは、

古城や王宮、修道院などを利用した宿泊施設。

スペインのパラドールで味をしめた私にとって、今回の旅のハイライトでした。
クリスマスマーケットが開かれていた小さな町にテンションを上げながら、
山の上にある「ポサーダ モステイロ デ ギマランエス」に到着。

お城のようです。
Pc240285
12世紀のアウグスティノ修道院を利用したポサーダです。

Pc240295部屋も素敵。

Dsc_1542
浮かれ気分であっちへこっちへ、

Dsc_3038_2
迷子になりそうなくらい広い館内を探検したり、

Dsc_3029
素敵なレストランで、ちょっとドレスアップしてお食事も楽しんだり、

Pc240307pouada
あっという間の一泊が終わりました。



より以前の記事一覧