2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

映画・テレビ

2018年12月13日 (木)

ボヘミアンラプソディ

噂の「ボヘミアンラプソディ」を観てきました。

ロックなど興味がないだろうなと思われる友人が誘ってくれたのです。

予告編を見た際、私が呟いた「観たいな」と言ったのを覚えていてくれたのだと思います。

正直、当時は大ファン!と言う訳ではありませんでした。

音楽は好きでしたが、ピンとこなかった、、と言う事でしょうか。

「ボヘミアンラプソディ」を初めて聞いたときは、

美しすぎてか「うっそ~」と思ったほどでしたから。(意味不明?

でも、映画は評判通り素晴らしかったです。

何故か涙が止まりませんでした。

後で知ったのですが、
一緒に歌って手拍子ができる「応援上映」等の催しもあったようです。

なんだか楽しそう、参加したかったな。

感動し過ぎて、持っていたミルクティをこぼしまくると言うおまけつき。トホホ。
もひとつおまけは、その友人作の「干し柿」を頂きました。
「ワタクシ、お料理など致しません」って見えるのに、

お料理上手なのが、出来る女の証。です。

Dsc_2887

2017年12月12日 (火)

コーセースルゾ!

視聴率、悪いみたいですね。

出演者たちがおばさんばかりで興味がわかない?

まぁ、失礼な!!ヽ( )`ε´( )ノ

面白いのに、、クドカンなのに、、キョンキョン可愛いのに。

今回のテレビで一番嵌っているドラマが「監獄のお姫様」

「更生するぞ」が合言葉。

と言う訳で、私もコウセイしてまいりましたよ。

久し振りのエステで、マイナス5歳肌に変身。

キラキラ華やぐ季節に、お肌もキラキラツルリン大満足。

はい?それはコウセイとは言わない?ですね

Dsc_10511_2

2017年2月11日 (土)

気に入ってます

最近、特に気に入って観ているテレビ番組。


1、「笑点」


司会が変わってから、面白さが増した感じ。


テレビでこんなに笑えるって久し振り。


2、「カルテット」


一番のお気に入りドラマ。


視聴率、悪いらしいですね。


出演者たちが歌う主題歌「おとなの掟」が格好良い。


椎名林檎さんが作詞作曲だって?


ドラマ自体も面白いのに。。


3、「ダウントン アビー」


放送時間が日曜の夜11時って言うのが辛いけど、


見逃せません。


そんなこんなで、今日も夜更かし


♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:


先日頂いた、トキナーのレンズ。


「アダプターを付けるくらいなら、カメラを交換するべし。」

と言われたと思ったら、



「お奨めしません」と某ヨ○○シカメラの店員さんにキッパリ拒否されて、



残念ながら、出番はなくなったようです。



んじゃ、それを下取りに出して新しいの買っちゃう?




Dsc_5890




2017年1月31日 (火)

恋妻家 宮本

映画「恋妻家 宮本」を観てきました。


阿部寛さんに天海祐希さん。


もう間違いないでしょ。


友人談「私たちが一番若いわね」かどうかはともかく、


平日の劇場は、客席の大半が熟年カップルでしたが、


映画が始まり、聞こえてくるのは女性の笑い声ばかり。


お父さん方、どうしました?(笑)


50歳の主人公とは少し意味が違いましたが、


「不満より不安が大きい」には深く頷く私たちなのでした。


笑っているうちに、自然と涙が流れ、


「私は今日まで生きてみました、、明日からもこうして生きていくだろうと」


出演者たちが歌う吉田拓郎の詩がじんわりと心に沁みたのでした。



Dsc_5320


「女性は黙って抱きしめたり、手を握るだけで・・・」


いやいや、それは甘いな、、と思った私は、


少しトウが立ち過ぎてしまったのか


とまれ、


明日からも生きてみますか。


皆様の力をお借りしながら。ね。

2014年6月 3日 (火)

お気に入り

最近のお気に入り「EGOーWRAPPIN’」
「リバースエッジ 大川端探偵社」のテーマソング。
ドラマは面白いけれど、睡魔に負けて最後まできちんと観たことがありません。
いつも気が付けばエンディング
あと30分、早く始まってくれればなぁ。。
録画?あー、そういう手もありましたねぇ



お気に入りと言えば、マイカメラ。
Dscf90651_2
酷使に耐えられず?4月頃からご機嫌ななめ。
だましだましが利かなくなって、
とうとう修理をお願いしました。

新しいのが欲しいの、、
なんて、、
言うわけない!!
言うわけ。。。。
ないない!!

早く直って戻っておいでね。

2013年1月23日 (水)

レディースデー

話題作「レ・ミゼラブル」
実は、重さに耐えられるかなと尻込みをしていました。
が、なんたって、話題作ですから、観とくべきかなと。。
レディースデーでもありましたし。
大号泣したと言う話をあちこちで目にし、耳にしたからには、
例え、友人Aが「泣かなかった」と言い張ろうが、
涙もろい私が、もしや、ひょっとして、万が一、大号泣なんて事になった日には目も当てらせませんので、アイメークをすっぱりやめての参戦です。
大きなマスクも、大判タオルハンカチも用意しました。
シアター一番乗り!どっからでもかかってらっしゃい!
Img_11791

「♬LOOK DOWN・・・LOOK DOWN♬」(下を見ろ・下を見ろ)

号泣?
しませんでした。
涙がツーと一筋ほど。

ヒュー ジャックマンのジャン バルジャンも良かったけれど、、
印象深かったのは、サマンサ パークスのエポニーヌ。
餓えに苦しみ、寒さに震えるフランス民衆の様に、私の心と体もすっかり冷え切ってしまいましたが、後半、少し救われた気がした2時間50分でした。


そして、何よりも気になったのが、
エンドロールが流れる中、
延々と感想を喋り続ける中年女性二人組。
ナゼに館内で?
ここは、私の目力で黙って頂こうと試みましたが、
アイメークをしていない目では、願いが届かず玉砕
あまりにも耳触りで落ち着かず、途中退席と相成りました。
えぇ、小さい声で「ウ ル サ イ」と捨て台詞を残しながら。
映画って、最後まで観るのが楽しみじゃないですか?
本当に残念でした。

レディースの皆さま、
どうぞ、お気をつけ遊ばせ。でございます。

2012年5月23日 (水)

俺たちに明日はない

5月23日。 ボニーとクライドが射殺された日。
映画「俺たちに明日はない」の ラストシーンは衝撃的でした。
極悪非道な二人でしたが、心の中で「逃げて!」と叫んでいましたっけ。

ウォーレン ビューティーとフェイ ダナウェー 
どちらも好きな俳優さんです。

「Foggy Mountain Breakdown」
曲もかっこ良し。

2011年6月 8日 (水)

ブラックスワン

終了してしまわないうちにと、レディースデーに行ってきました。
「ブラックスワン」

臆病者のワタシはR指定と言うだけでドキドキですが、
上映中、色々な意味でドキドキは止まりませんでした。

ヒロインに気持ちを入れ過ぎて、少し疲れました、、ふぅ~。

2011年2月18日 (金)

SOMEBODY TO LOVE

ジェファーソン エアプレイン。


2月26日公開の「シリアスマン」(コーエン兄弟)のテーマソングだそうです。
映画は、 日本人には理解しにくい内容のようなので、予習が必要かもしれません。

この曲を聞いて、懐かしいと思ったワタシも「SOMEBODY TO LOVE」

2010年5月30日 (日)

Born to be Wild

憧れの国だった「アメリカ」
映画俳優に、ロックスターに、文化に恋して、沢山の映画を観て、沢山の音楽を聞きました。

デニスホッパーさんが亡くなったと聞き、遥か昔に観た映画を思い出しました。

「イージーライダー」は、そんな気持ちを少しだけ複雑にした映画だったと記憶しています。

合掌。