2023年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

« 川崎競馬場 | トップページ | 羽田空港で »

2018年12月 9日 (日)

JAL工場見学

2回目のJAL工場見学 

最終時間の4時からに参加しました.。

受付を済ませ、教室移動します。

Dsc_2873_2

以前は、写真をアップする時には、JAL宛のメールに写真を添付し許可が必要でしたが、

今は、自由にアップできるようでした。勿論、肖像権等には注意が必要ですが。


Dsc_6312

教室が始まる時間まで、ミュージアムを見学したり、CAやパイロットの制服を着用して

写真を撮ったり、売店でお買い物をしたり、マーシャラーの気分を味わったり、、

その後、飛行機の事や空港のことなどをビデオを見ながらちょっとだけ勉強したら、

いよいよ整備場見学です。ヘルメット着用します。

翌日ヨーロッパに飛び立つボーイング777が整備中との事。

後姿、、大きい。

Dsc_63151

エンジン点検中。

Dsc_6318

なんと、737の胴体と同じ大きさとか?俄かに信じがたし。

Dsc_6358

コックピットの窓はなんと4000万円!!割れたら大変ですもんね。

Dsc_6353
取付中のファーストクラスのシート。一生縁がございませんです。

Dsc_6356

整備員さんになるために必要なものは、第一に英語力。
高専に進むのが最も早い道だそうですよ。

将来、中古の飛行機を買うのが夢と言う女子整備士さんなど、

仕事が大好きな方々のお話を伺ったり、時間はあっという間に過ぎました。

Dsc_6350_2

着陸する飛行機が少なくて、あまり写真は撮れませんでしたので、

Dsc_6341

世界第4位の羽田空港に向かいます。
三脚持ってこなかったんですけど 

    ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

滑走路幅60メートルを超える飛行機が現れ、困った航空会社の要望で、

幅はそのままの2階建の飛行機が登場したり(A308)

(来年、ANAがホノルル便で導入。)

一方JALは、超音速旅客機が導入されるとか。

世界が近くなりますね。楽しみです。
   


« 川崎競馬場 | トップページ | 羽田空港で »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

 ハルさま

こんばんは^^
お仕事お疲れ様です。
飛行機、好きで、いつまで見ていても飽きないくらいです。
そうなんです、空を見上げては「良いなぁ、どこか行きたいなぁ」と憧れます。
と言っても、私の場合、酔い止めを服用するので直ぐに寝ちゃうんですけどね
そう言う事故の後だったら、恐怖心が沸き起こりますよね。
想像するだけで、怖いです。
でも、飛行機が一番安心な乗り物と信じて、これからも旅に出たいと思っています。
いつも有難うございます。

飛行機、芸術的ですね。
私も(工場はともかく)羽田空港で飛行機を眺めたいと思う事があります。
kiriさんは、好奇心旺盛な方のようですから、きっと飛行機で出掛けるのも好きなんでしょうね。
私は正直飛行機に乗るのは苦手です。
初めて乗ったのは仕事でしたが、丁度御巣鷹山事故の直後で、機内はガラガラ。
窓の外に見える主翼がたわむのを見て、「折れる~」と窓を閉めましたよ。

 yokorinさま

こんばんは^^
いつも有難うございます。
うわぁ、楽器って本当に高価なんですね!
やはり、音色とか弾き心地とかが違うんでしょうか。
ど素人ですみません
窓に4000万と聞いて驚きましたが、大勢の命を預かる仕事ですから、
仕方のない事なんでしょうね。
お蔭で、私達も安心して旅ができると言うものですね。
人気第一位の工場見学だそうです。
飛行機好きと同じに写真愛好家にも人気です。
小さい男の子が熱心に質問していたのが印象的でした。

こんばんは(o^-^o)

工場見学、いいですね〜。
飛行機が近くで見れるなんて最高です
写真があれば言葉がいらないくらい、わかりやすいです。
コックピットの窓が4000万円ってすごいです!
高い〜!!
ピアノも4〜5千万のものがあるんですけど、
飛行機は人の命を預かって飛びますからすごいです。

 たろさま

こんばんは^^
いつも有難うございます。
案内してくださる方によって、微妙に話が違うので、何度聞いても面白いです。
200年働いても、しがないパートでは到底買えそうにない窓ガラスですが、
家に有ったら何が来ても怖くはないですね。
エンジンを掃除機に使ったら、家ごときれいに吹き飛びそうです
今度、中古飛行時を購入した暁には実験してみましょう。
あ、私、しがないパートでしたっけ。

billさま

こんばんは^^
いつも有難うございます。
飛行機が大好きで、いつまで見ていても飽きることはありません。
大人の社会科見学第一位だと言うのも頷けます。
え?弟さま成田空港にお勤めでらっしゃるんですか!
大変なお仕事だとは思いますが何とも羨ましい話です。
カレンダーは必須です。
購入します!


こんばんは!

なかなかよい体験ができましたねー

ふーむ、コクピットの窓が4000万円
まあ、私もあと200年位仕事したら、ポンと買えるで
しょうな・・・。 
で、家の窓ガラスのにと・・・。 いらんか。

巨大なものは、距離感というか大きさが感覚的に
分からなくなります。
まあ、それは私がみみっちい(こちらの方言で小さい)から
だろうけれど。

しかしこんな重量物を浮かべてしまうエンジンは、ものスゴイ
推力なんですよね。
掃除機に使ったら、1秒でキレイになる?

はあ、またみみっちいことを。

こんばんは♪

貴重な体験ですね
航空会社の向上なり整備工場は、
当然ながらそれなりの大きさがあるので、
必然的に迫力を感じられますうよね。
興味をそそられます♪
ボクは、成田空港で働く実弟からJALの
カレンダーを頂くぐらいしか縁がありません^^;

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: JAL工場見学:

« 川崎競馬場 | トップページ | 羽田空港で »